カテゴリ:ニュース > 食べ物・料理

    女子大生がとんでもない方法でパスタを調理し大火事 → イタリア国民のガチギレが容赦ねぇwwwww

    パスタを調理し大火事に関連した画像-01

    非常にシンプルな調理工程で、誰でも手軽に家庭で作れるパスタ。

    しかしこのたびイタリアに住む女子大生らがイタリア全国民を敵に回すような「パスタ騒動」を引き起こすことに。国内からは彼女たちに対して”マウントを取るコメント”が相次いでいます。
    続きを読む

    生徒の前でカメに仔犬を食べさせた中学校教師が賛否両論。動物虐待か、はたまた命の教育か

    カミツキガメに仔犬を食べさせるに関連した画像-01

    動物の食物連鎖を見せることは残酷か、はたまた教育かー。

    米アイダホ州の中学校教師が生徒の前で、カミツキガメに仔犬を食べさせる様子を見せていたことが明らかとなった。この教師の行動を巡り賛否の声があがっている。
    続きを読む

    【怖い】ステーキを喉に詰まらせた彼氏のため、彼女が喉元をカッターナイフで切り開くことに・・・

    サラ・グラスに関連した画像-01

    ニュージーランド北島・ホークスベイに住む女性がとった「とっさの行動」が注目を集めています。なんと、ステーキを喉につまらせた彼氏の喉元をカッターナイフで切り開くことにしたのです。
    続きを読む

    人気ブロガー、肉食のペットに野菜だけを与え続け半盲にさせてしまう(´;ω;`)

    フェネックに関連した画像-01

    愛くるしい顔立ちがとってもキュートな動物、フェネックギツネ。とある人気ブロガーの偏った愛情が、とんでもない事件を引き起こしてしまいました。
    続きを読む

    麻薬密売人が薬物を飲み込み証拠隠滅 → 逮捕されるも47日間トイレを我慢し続け証拠不十分で釈放へwwwww

    ラマー・チェンバースに関連した画像-01

    今年1月17日に薬物所持の疑いで逮捕された、英人男性のラマー・チェンバース容疑者(24)。警察は薬物服用を確認するため便検査を行うことに。しかし彼は排便をひたすら我慢。

    47日間という国内記録を樹立したところで証拠不十分のため不起訴になった。
    続きを読む

    ナメクジを生で食べたスポーツ選手がとんでもないことに・・うわあああああああああ

    サム・バラードに関連した画像-01

    オーストラリアで活躍していたラグビー選手、サム・バラードさん(28)。

    彼は誕生日パーティの席で”度胸だめし”としてナメクジを生食したのですが、誰も予想だにしなかった壮絶すぎる闘病生活が待っていました。
    続きを読む

    「鼻ほじったりゴミ処理しても手洗いはしない」 マクドナルドの元従業員が劣悪な職場環境を暴露・・・

    マクドナルドに関連した画像-01

    イギリス・ロンドンのマクドナルドで働いていた元女性従業員、ロビンさんが職場の劣悪な衛生管理状況を暴露しています。
    続きを読む

    【悲劇】施設で保護されたブタさん、里親募集で温かい家族に引き取られるもベーコンにされてしまう(´;ω;`)

    豚のモリーちゃんに関連した画像-01

    カナダ動物虐待防止協会(BC SPCA)で保護されていた豚のモリーちゃん。

    このたびある一家が彼女を「ペットとして迎え入れたい」と申し出て引き取ることになったのだが、その数週間後には、ベーコンやポークチョップとして食卓に並んでしまったようだ。
    続きを読む

    14歳少年が20個の卵を出産。病院でも卵を産んでみせ医師たち困惑wwwww

    卵を産むAkmal君に関連した画像-01

    インドネシアの南スラウェシ州に住む少年、Akmal君(14)が鶏卵を産んだとして医師を困惑させている。少年はこの2年で合計20個の卵を産み落としてきた。
    続きを読む

    【伝説】屠殺場へ連れて行かれそうになった牛が怒りの脱出! 人間の腕をへし折り、金属フェンスを突き破り、湖を泳いで渡るwwwww

    逃げ出したポーランドの牛に関連した画像-01

    ポーランド南部の牧場で先月起きた、ある牛の大脱出劇が話題になっています。

    この牛はただのノロマで従順な牛ではありませんでした。まるで映画のような逃走劇を繰り広げた挙句に、ついには「セカンドライフ」まで勝ち取ってしまったのです。
    続きを読む

    毎日”生サーモン”を食べた寿司愛好家、全長1.7mのサナダムシがお尻から這い出る苦しみを味わう羽目に

    生サーモンに関連した画像-01

    アメリカから、ショッキングな内容のニュースが飛び込んできました。

    ほぼ毎日欠かさず生サーモンを食べていた米人男性の体内から、活きのいい全長5.5フィート(約1.68m)のサナダムシが這い出てくる出来事があったようです。
    続きを読む

    外国人「豆腐を食べることは菜食主義者の食文化を愚弄する行為だ。肉を食べるような人間がチャラい気持ちで食うな」

    豆腐に関連した画像-01

    「豆腐を食べることは菜食主義者が築き上げた食文化の盗用に他ならない」

    肉も野菜もこだわりなく食べる人が、大豆から作られた豆腐を口にすることはおこがましいことなのでしょうか。完全菜食主義者のとある主張が物議を醸しています。
    続きを読む

    「バイト休む時は代わり見つけないとクビな」 日本食チェーン大手の脅迫に批判殺到

    wagamama(ワガママ)に関連した画像-01

    イギリスの日本風料理店「wagamama(ワガママ)」で、従業員の人権を無視する脅迫が行われたとして批判の声が広がっている。

    同店は24日、「大変申し訳無いことをした」と謝罪した。
    続きを読む

    亡き母親の遺灰を調味料代わりにする女性が登場! クリスマスディナーは遺灰で味付けをしたいと告白

    母親の遺灰を食べるデブラ・パーソンズさんに関連した画像-01

    イギリス南東部フォークストン在住のデブラ・パーソンズさん(41)は、今年一風変わったクリスマスディナーを計画しています。今年5月に亡くなった母親を追悼するため、彼女の遺灰を使い豪華な料理に味付けをするのだとか。

    クリスマスは特別になる、と毎日欠かさず遺灰を食べてきた二児の母親は話しています。
    続きを読む

    一瞬でもハエがとまった食品は絶対に食べてはいけない。ハエは想像以上に汚かったことが最新の研究で判明

    ハエがとまった食品に関連した画像-01

    ハエが食料に止まった時、誰しもが手で払いのけるでしょう。

    一瞬止まったぐらいでは気にせず食べ続ける人も少なくないかと思います。しかし最新の研究によると、ハエは私たちが想像していたよりも”はるかに汚い”ことが判明しました。
    続きを読む

    アメリカ人の肥満率が40%に突入! アジア系のデブは圧倒的に少ないのに、なぜ差がついてしまったのか!?

    肥満大国・アメリカに関連した画像-01

    老若男女を問わず肥満体質の人が多く見受けられる肥満大国・アメリカ。

    全米保健医療統計センター(NCHS)が13日に発表した最近資料によると、アメリカの成人の約40%、児童の19%が「肥満」判定される結果に。同国史上最大の危機として研究者は警鐘を鳴らしている。
    続きを読む

    【悲報】東京のパックマンカレー、海外でクソまずいと紹介されるwwwwww

    パックマンカレーに関連した画像-01

    今年7月、東京・新宿歌舞伎町にオープンしたVR施設『VR ZONE SHINJUKU』。

    この施設内にあるカフェGLAMPER’Sを訪れた外国人記者クリス・コーラーさんが、パックマンをモチーフにした「ぱくぱくパックマンカレー」を食すことに。しかしそのあまりの酷さに悶絶、絶対に食べるなと注意を促しています。
    続きを読む

    ユーチューバー「マクドナルド店員が賃上げ要求してるけど、まともな本物の職につけば?他人に施しを要求するのはオカシイ」

    イギリスのマクドナルド従業員によるストライキに関連した画像-01

    事の発端は、イギリスのマクドナルド従業員による賃上げを求めたストライキでした。

    ツイッター上ではこの行動に多くの人が擁護のコメントを残す一方、あるユーチューバーは「まともな職につけば良い」と批判。このコメントに非難が殺到しています。
    続きを読む

    最大の肉食熊「グリズリー」、温暖化の影響で鮭を食うのをやめベジタリアンに転向していたことが判明

    グリズリーベアーに関連した画像-01

    肉食の巨大熊として知られるグリズリーベアーが、地球温暖化のせいで菜食主義(ベジタリアン)に転向しているようです。英紙テレグラフが報じています。
    続きを読む

    大火事で命拾いした子ブタ、感謝の証に消防隊員らのため豚肉ソーセージになる(´;ω;`)

    豚肉ソーセージに関連した画像-01

    イギリス南部ウィルトシャーの牧場で今年2月、大規模火災が発生。

    豚小屋で飼われていた20匹のブタが勇敢な消防士によって救われたのですが、牧場オーナーは感謝の気持ちから、救出されたブタたちをソーセージに加工。署ではバーベキューイベントが開催されました。
    続きを読む

    このページのトップヘ