愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-01

「今日が僕にとって最期の日でした(I Died Today.)」

ラブラドール・レトリバーのDukeyはガンを患い、片足を切除。一時は回復が見込まれていたのですが、腫瘍が進行し、もう手の施しようがないとの診断を受けます。そして安楽死という苦渋の決断をした飼い主たち。これは愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムです。

今日はハンバーガーをたくさん食べたんだ。パーティでした。
愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-02


楽しかったな。
愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-03


この場所にいれなくなると思うと、寂しくなるな・・
愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-04


みんなで冗談も言い合ったよ。
愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-05


獣医の人が来るまで時間があったので、クリスティンは「散歩に行こう」と言ってくれたんだ。そのあと「近くの噴水公園で遊ばない?」と誰かが言ったので、僕たちは行くことに決めたのです!
愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-06


もう会えないと思うと寂しいよ。分かってると思うけど・・
愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-07


そこのあなたもね。
愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-08


家族のことは頼んだからね、僕の代わりにしっかり見てるんだよ。
愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-09


分かったかい?それだけはお願いするよ!
愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-10


今日はみんなで一緒に濡れて大はしゃぎ。
愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-11


笑顔にもなったよ。
愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-12


本当に楽しかったんだから。
愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-13


遠くから子供たちの声が聞こえるな。家にいる子供たちのことを思い出したよ。僕が彼らを守ってやれて、本当に幸せだった。
愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-14


今日は落ち着いた気分だな。
愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-15


腫瘍は大きくなったけど、痛みは感じなかったよ。
愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-16


今日はみんなに沢山の愛をもらったんだ。
愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-17


さよならも言った。
愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-18


いや、さよならじゃなかったかな。また会う日まで、とだけ言うことにしたよ。
愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-19


一緒に過ごした時間は短かったけど幸せだったな。僕が目を向けるとみんな嬉しそうな顔をしてたね、これからもずっとみんなのこと見守ってるからね。
愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-20


ずっとだよ。Dukeyより
愛犬Dukeyとの最期の日を記録したアルバムに関連した画像-21

<海外の反応>

美しくて・・悲しい・・・・

おいおい、俺の目はどうしちまったんだ!液体だだ漏れじゃねーか、チクショウ!!!!!

↑これで泣かない奴はいないからw

俺も泣いたわ。最期の日にこれだけ至福な時間を与えてられて・・さぞや犬も嬉しかっただろうね。俺たちも最期を迎える時、これぐらい強くありたいものだ。

なんで俺は仕事中にこの記事を読んじまったんだ(´;ω;`)

良い飼い主に恵まれたね。苦しみから解放されたのかな、そうあって欲しいよ。

本当、安らかに眠って欲しい。

うちも去年、一匹亡くしたの・・今でも夫と二人して嘆き悲しんでるわ。でもありがたいことに、新しく飼ったペットが亡くなった”我が子”のことを思い出させてくれるから・・みんな天国で会えると信じてるよ。

愛を感じながら最期を迎えられるってのは素晴らしい贈り物よね。このワンちゃんにはそれがあって良かったわ。

他にも、安楽死を巡ってはこのようなコメントも見受けられました。
<海外の反応>

ペットの安楽死は良くて、人間はダメとか・・訳が分からないわ!

ペットの場合は単に誰も引き取り手がいない、って理由だけでも安楽死の対象になってしまうよな。ペットには去勢手術を絶対すべきだし、いなくなっても居場所が分かるような工夫をすべきだと思う。

人間にもこういった病で苦しむ人を助けるため、安楽死は認めるべきだよね。俺がこの立場だったら、やっぱり最期は愛する人と精一杯楽しいことをして、そして安らかに逝きたいと思うわ。

うむー人間の安楽死は難しいだろ。だって安楽死がオッケーになったら、最期の時を待つ人を受け入れる医療施設への利益が激減するだろうし!

医師を志していた高校生の頃は安楽死に断固反対してたが、実際に医療現場で苦しむ人たちの姿を見ると・・如何に自分が無知で利己的だったかってのを思い知らされたわ。選択肢の1つとして安楽死もあってもいいとは個人的には思うけどね。

いやいや、自分の国で安楽死が認められていたとしても、医師が人を殺す姿は見たくないわ!それに親族や医師も「愛する人を自分の判断で殺した」っていう罪悪感がいつまでも付き纏うだろ。本当に苦痛に耐えられなくなったら、むしろ自殺した方がマシ。

人の死を決めるなんて、神の真似事は良くないわ・・