台湾の通勤ラッシュに関連した画像-01

台湾の台北市では毎朝スクーター通勤する人が多く、ラッシュアワーの時間ともなれば、道路はすべてスクーターで一杯になります。

よく混雑する場所として「台北橋」があるのですが、そこで撮られた映像がこのたび入ってきたので、海外の反応を交えながら紹介したいと思います。

台北市内の通勤ラッシュ

<海外の反応>

凄い人だかり・・!

レースかと思ったら、日常の光景とかwww

こんなに混雑してんのにヘルメットしてる意味あんのか、これwwww

インドネシアの方が糞だからwww!マジで空気も吸えたもんじゃないし、道路もオートバイ乗りもやべぇよ!!
台湾の通勤ラッシュに関連した画像-02

海外サイトPlottingTheCourseによると、台北市内におけるスクーターの数は、市民1,000人ごとに415台。もちろん通勤だけでなく、家族全員が一台のスクーターに跨がることで、日常の移動手段としても使われています。

台湾の通勤ラッシュに関連した画像-03

<海外の反応>

俺はオランダ人だが、台湾とかインドネシアのこういう光景を見ると、移動手段に自転車を好む俺たちの国民性をスゲー誇りに思うわ。

いいよな。俺たち台湾人は、マジでオランダの綺麗な空気を羨ましく思ってるんだぜ?

アムステルダムなんか坂がほとんどないからねぇ。台北とかクアラルンプールに比べて、地形が自転車向きなんだろ。チャリで坂道なんか楽しくもないしw

平坦なオランダの地形が自転車に好都合だ、というのは鋭い指摘でしょう。

地理的な要因は、その国や地域の文化・伝統・習慣に大きな影響を与えます。この仮説をもとに「ヨーロッパ人がニューギアニア人を征服し、ニューギニア人がヨーロッパ人を征服することにはならなかった」と議論したのは、生物地理学者ジェレド・ダイアモンド氏でしたね。

3add045baa048153ae19512c5041e20e

<海外の反応>

台北市内は地下鉄やバスが張り巡らされてはいるんだが、文化的なものかな、市民の大半はそんなの極力使わずにスクーターで移動してるねぇ。日本人とかだと他人に迷惑がかからないように、ちょっと出かけたい時は公共交通機関使うみたいだけど。こっちは違うんだ。

おそらくコストのせいだろうな。

↑じゃなくて、実はスペースの問題なんだ。台湾には車をとめる駐車場が足りないんだよ。

中国って人口が本当に多いんだな。スクーターがこれだけ行き来するとか知らなかったわ!

↑台湾は中国じゃねーから!君、メキシコとカナダを間違わないでしょ?それと一緒。

アメリカも負けてないお!
台湾の通勤ラッシュに関連した画像-04

日本とは違った通勤ラッシュですが、如何だったでしょうか?