白雪姫 7人のこびと 実写 人種多様性

ディズニーが手掛ける『白雪姫』の実写版リメイク。本映画に登場する「7人のこびと」が人種多様性に溢れすぎているのではないかと物議を醸している。


実写版『白雪姫』の撮影セットの様子が報じられた。

赤いマントを着た白雪姫は”代役”のエキストラで、実際に主演を務めるレイチェル・ゼグラーさんではない。ここでは2名のエキストラが出演し、ポストプロダクションの写真撮影を行っていたようだ。

一方で印象的なのは「7人のこびと」だろう。よく知られたアニメ版ではどの小人も肌の白い男性だったが、バラバラの人種・性別・身長の役者たちが小人を演じているようだ。SNSでは「ポリコレに迎合したキャスティングではないか」などと批判が巻き起こった。

アニメ版『白雪姫』
白雪姫 7人のこびと 実写 人種多様性

実写版『白雪姫』
白雪姫 7人のこびと 実写 人種多様性

白雪姫 7人のこびと 実写 人種多様性

<海外の反応>


もはやギャングの集まりwwww


草むらで何人かもうすでに絞めてきたような雰囲気(笑)


知ってる白雪姫と全然違うんだけど(´;ω;`)


この7人にどういう接点があんだよ
無理ありすぎだろjk



過去の名作をしらみつぶしにブッ潰していくディズニーさん。何がここまで彼らを駆り立てるんだろう


多様性への配慮がすげぇ!さすがディズニーだわ!一気に見たくなくなった!


さすがにフェイクやろ・・だよな??


ディズニーは当初、海外メディアThe Daily Beastに対して「この写真はフェイク」と発言していたようだ。しかし英紙Independentへは「写真は公式のものではなく、何人かの出演者は代役であり、レイチェル・ゼグラー(白雪姫役)やアンドリュー・ブルナップ(王子役)はいない」と説明した。

本作の制作にあたって「洞窟で暮らす小人」という設定が時代錯誤との非難を受けていたディズニー。そこで同社は「7人のキャラに対して原作とは異なるアプローチを取る」と明かしていた。

<海外の反応>


実写化やめようよ


最近のディズニー作品はポリコレまみれで逆にスゲェな


いやいや原作通りがいいならアニメ見れば済む話やん?実写版だからこそのアレンジや演出は必要


昔のコメディ映画のノリなんでしょ〜w


というより漫画っぽい


全員腕っぷしは強そうだけど無職っぽいのがジワる


>原作とは異なるアプローチ
小人症の俳優たちの仕事を奪うとは何様だ


ディズニー「多様性のため小人症の人々はキャンセルします」

なんでもかんでも多様にしたらいいってもんでもない

白雪姫 (吹替版)

発売日:2022-03-26
メーカー:
価格:400
カテゴリ:Video On Demand
セールスランク:24386
Amazon.co.jp で詳細を見る

HUNTER×HUNTER クラピカ追憶編 (ジャンプコミックスDIGITAL)

発売日:2023-07-04
メーカー:
価格:220
カテゴリ:Digital Ebook Purchas
セールスランク:
Amazon.co.jp で詳細を見る