ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー 任天堂 マリオ ジョン・レグイザモ 魔界帝国の女神

アニメ映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』の世界興行収入が1000億円を突破し大ヒットを飛ばしているが、声優が白人ばかりだとボイコットしていた俳優が「続編があれば出演を検討しても良い」と発言し話題になっている。


コロンビア出身の俳優ジョン・レグイザモ氏がマリオ映画を再び批判した。

レグイザモ氏といえば、1993年の実写映画『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』でルイージ役を熱演した人物。新作マリオ映画には「声優のキャスティングに多様性がない」と糾弾していた。

しかし仮に多様性をより重視する続編が作られるのであれば、復帰を考えるそうだ。「制作陣が正しいことをし始め、より包括性を受け入れるのなら、(マリオ映画への復帰を)検討しても良い」と取材に応じた。

<海外の反応>


ポリコレに迎合すれば実写ルイージの名俳優が出てやるってよ!任天堂良かったな!!笑


俺たちの愛するマリオをクソ映画化したA級戦犯が何言ってんだwwww


ルイージ「ボイコットしてやるぅ」

映画公開で興収10億ドル間近の大ヒット

ルイージ「続編あれば出てやってもいいかな」



見事すぎる手のひら返しwwww


出てもらわなくて結構です!


>制作陣が正しいことをし始め
記録的な大ヒット飛ばしてるけどねw


しょうもない演技でルイージ演じた俳優がなぜ復帰できると思ってるんだろう。とても不思議


レグイザモ氏は今回のマリオ映画を「絶対に見ない」と発言。

「実写版の監督たちは包括性を受け入れ、私を参加させるために本当に懸命に闘いました。制作陣が前向きではなく後ろ向きになったのは悲しいことです。(中略)今作は大ヒットしていますが、だからといって多様性の欠如が認められるというわけではないのです

<海外の反応>


声優として呼ばれなかったせいか?怨念がスゲェ!


そもそも君もイタリア人じゃないでしょw


任天堂は彼を起用すべき
有色人種にもっとチャンスを与えないと



↑そうか?多様性はディズニーに任せとけばいいよ


多様性とか包括性とか考えず、ただファンに寄り添った面白い映画を作ったから大ヒットしたんだ


ピーチ姫の声優はラテン系ですけどね(小声)


ただの嫉妬だこれ

こういう人と仕事したいと思うかどうか

Nintendo Switch(有機ELモデル) ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダムエディション

発売日:2023-04-29
メーカー:任天堂
価格:38979
カテゴリ:ビデオゲーム
セールスランク:6
Amazon.co.jp で詳細を見る

スーパーマリオ 魔界帝国の女神 普及版 [Blu-ray]

発売日:2020-12-04
メーカー:
価格:4180
カテゴリ:DVD
セールスランク:1794
Amazon.co.jp で詳細を見る