古代エジプト ミイラ

ミイラ化は古代エジプト人の死後の遺体を保存することを意図したものではなかった可能性が浮上。専門家が一般的な理解とは異なる説を提唱している。


記事によると

ミイラ化による遺体の保存効果は「偶発的」だと発言する考古学者が増えており、初期の現代エジプト学者はほとんど証拠がないにも関わらず、誤解を広めたとして非難されている

古代エジプト人は亡くなった王を彫像、つまり宗教的な意味を持つ芸術作品に変えるつもりだったようだ。彼らにとって王や女王は”現人神”であり、その遺体を彫刻に変えることが、元の正しい形へと戻す方法だと信じていたという

・英国マンチェスター博物館の学芸員キャンベル・プライス氏は「ミイラ化で精神が再び肉体に戻る(または生き返る)という考えは明確に説明されていない」と指摘。ミイラとは実物そのままの体を遺すというより、故人を理想化した”神”を体現するのが目的だったのだ

<海外の反応>


ミイラ化は遺体の保存目的ではなかった・・だと?


科学者がミイラの声を復元した結果



↑これいつ見ても腹抱えて笑うわwwww


ピラミッドの奥底に密封保管する意味ある?
絶対に遺体の保存が最重要だったと思う!



神の姿として彫刻にするって話と遺体を保存するって話は別に矛盾してない気がするけどw


従来の説だと「ミイラ化はそのままの体で精神世界に到達するため」だと考えられてた。新説は「死者を神の姿に変えるため」。別に遺体がそのままの状態で残ろうが残らまいが関係ない


宗教的彫刻なら棺に入れずに誰もが見れるよう飾ってくれよ!笑


・さらに保存目的とは思えないようなミイラが著名な支配階級に一部見られる

・ツタンカーメン王の遺体も棺の底にくっついて見つかった。「(保存目的であれば)ミイラ化はまるで失敗であり、古代エジプト人は自分たちが何をしているのか分からなかったため保存状態が良くなかった。本物そっくりのイメージを作り出すことはそもそも意図されていなかった」とプライス氏は述べている

・一方でヨーク大学の考古学者スティーブン・バックリー氏は反論。トトメス3世、トトメス4世、アメンホテプ2世、ティイ王妃のミイラは「眠っているよう」に見えることから、肉体の保存に関心が寄せられていると考えている

<海外の反応>


芸術作品として残す意図があったとしても遺体の保存は最重要なわけで・・


来生はあまり重視せず、ファラオの神格化を重視するという点で重要な説だと思うよ


エジプト人は生まれ変わりを信じてたけどな〜


ミイラ化には高度な専門知識と70日間が必要。他の文化圏だと故人を来世に備えさせるための時間と労力をかけない方法があるのに、古代エジプト人が理由もなくこの労力を払ったとは思えない


ただしソースは俺


↑ほんまそれww語る前に根拠を出せwww


エジプト中王国以降はミイラ化と埋葬のプロセスが支配階級以外の人にも開かれたよね。最初は神を作ることが目的で次第に肉体の保存や復活みたいに意味合いが変わってきたのかも

神の彫像なのに肉が腐ってたら嫌やん

教養としてのミイラ図鑑: 世界一奇妙な「永遠の命」

発売日:
メーカー:ベストセラーズ
価格:2750
カテゴリ:本
セールスランク:291228
Amazon.co.jp で詳細を見る

Minecraft (マインクラフト) - Switch

発売日:2018-06-21
メーカー:マイクロソフト
価格:3300
カテゴリ:ビデオゲーム
セールスランク:14
Amazon.co.jp で詳細を見る