大人のおもちゃに関連した画像-01

銃暴力の減少を呼びかける団体「エボルブ(Evolve)」が、大人のおもちゃを用いて銃の危険性を語るという非常に大胆なコマーシャルを制作。海外では「これは的確ww」「面白いし、史上最高峰のCMだ!」と大きな反響を呼んでいます。

大人のおもちゃ(Playthings)

【以下、画面キャプチャ+字幕】
大人のおもちゃに関連した画像-02
大人のおもちゃに関連した画像-03
大人のおもちゃに関連した画像-04
大人のおもちゃに関連した画像-05
大人のおもちゃに関連した画像-06

<海外の反応>

見つけてしまえば最後、子供たちは遊んでしまいますwwwwww

これは素晴らしいCMだwwwwww

拳銃は必ず閉まっておこうね!あとはうん、その、あれも・・!

↑ワロタwww

てめぇのマグナム、しまいなよ・・!!

↑こらwwww

今月25日に公開されてからというもの、すでに再生回数は170万回を突破。

「(これを観た人に)行動を改めるきっかけにして欲しい」と語るのは、同団体の共同創業者レベッカ・ボンドさん。おもちゃと銃の意外な接点に、各方面から絶賛の声が聞こえています。
<海外の反応>

銃の取り扱いを呼びかけるCMとしては史上最高峰の出来じゃないかw?

銃と一緒だね!大人のおもちゃは人を怖がらせないが、大人のおもちゃを持った人はクッソ恐ろしいもんwww

面白いけど、真実だよな。子供がいたら銃を取り出せないように閉まっとくのは当然。常識だよね!

うちの親は銃の場所を教えてくれてたな。ロックもされてなかったし。その代わりしっかりと、子供のものじゃない、遊ぶものでもない、死んだらおしまい、ってことを教育してくれたわ。

2012年に20人の犠牲者を出した「サンディフック小学校銃乱射事件」。

その後1年で少なくとも100人の子供たちが銃による不慮の事故に巻き込まれた、という報告がされており、アメリカ国内では銃の取り扱いに関する議論が加熱しています。
<海外の反応>

ここでちょっと事実を見てみようじゃないか。

アメリカには約1億人の銃所有者がいて、3億丁もの銃がある。銃による不慮の事故でなくなった子供は100人。一方毎年プールで溺死する子供は約400人。交通事故で亡くなる人数はだいたい1000人。つまり、溺れて命を落とす子供が銃の約4倍で、交通事故は10倍。

1億の銃所有者のうち100人以外は事故に遭遇してないし、ちゃんとしてるんだぞ!?それなのに銃規制がどうとかおかしいだろ??俺間違ってるか!?


↑他と比べて少ないから、無視してもいいの?それはおかしいと思う。

それだと交通事故よりも心臓発作で亡くなる人の方が多いから、道路を渡るときに左右確認しなくてもいい!って言ってるのと同じでしょ・・

これ銃規制ってより、銃を安全に扱おうってコマーシャルじゃね?

程度は大きかろうと小さかろうと、銃の数が多ければ安全性も低くなるっていうのは動かし難い事実だもんな。