アメリカ 銃 犬

米カンザス州ウィチタの男性警官が2017年10月、駆けつけた先の一軒家で飼い犬を殺そうと発砲したところ子供が被弾。命に関わる危険があったとして解雇が言い渡されていたことが分かった。


解雇されたのは2017年1月から任務に当たっていたデクスター・ベッツ巡査。

ベッツ巡査はこの日「男性が拳銃自殺しようとしている」との通報を受けて一軒家に駆けつけたのだが、住宅にいた女性や4人の子供を安全な場所に避難させることなく、自分に向かってきた小型犬に実弾を2発発砲した。

しかし弾丸は床で跳ね返り破片が9歳女児のひたいを直撃。あと数センチずれていれば女児は失明していたか、最悪の場合は死に至っていたようだ。

<海外の反応>


まさにアメリカ\(^o^)/


何が怖いって解雇で済んだこと!
普通に考えて殺人未遂でしょ!



銃が日常的すぎてやべぇな


部屋には子供が4人いるのに犬が襲ってきたぐらいで発砲って。しかも小型犬なんて噛まれてもちょっと痛いだけだろうに


警察「正当防衛です」


僕の国では困った時に警官を呼ぶんだけど、アメリカでは問題を増やすために警官を呼ぶのかな?


宅配業者は毎日のように猛犬を相手にしとるんやがww警察ザコすぎんよwww


女児はすぐに病院に搬送されることになり命に別状はなかったが、心の傷は一生残るものと考えられる。なお同じ部屋にいた他の子供3人に怪我はなかった。

自殺しようとしてた男性は無事保護され警察にも協力的だった。

一方でベッツ巡査に撃たれた体重15kgのミニチュア・ブル・テリアは死亡した。

<海外の反応>


AP通信によれば「ベッツ巡査は刑事訴追されず訴えられることはない」と裁判所は判決を出したらしい


アメリカ意味わかんねーよ!!


銃は全てを解決してくれる説立証


↑女児と家族にすげぇトラウマ残していったけどねorz


マジでなぜ逮捕されないのか不思議でならない
死んだのが犬だけで誤射は仕方ないってか?



きちんと訓練積んだ警官じゃなかったのかもな

わんこおおおおおお

犬が伝えたかったこと

発売日:2017-11-10
メーカー:
価格:1168
カテゴリ:Digital Ebook Purchas
セールスランク:70512
Amazon.co.jp で詳細を見る

幼女戦記(23) (角川コミックス・エース)

発売日:2021-10-26
メーカー:
価格:634
カテゴリ:Digital Ebook Purchas
セールスランク:
Amazon.co.jp で詳細を見る