塩振りおじさん イギリス ステーキ屋 ヌスレット・ギョクチェ

セクシーな塩振りで世界的な人気を誇る「塩振りおじさん」ことヌスレット・ギョクチェ氏が、ロンドンに新しくステーキ屋を出店。法外な価格設定だと話題になっているようだ。


ロンドンの高級地区・ナイツブリッジにステーキ屋「Nusr-Et Steakhouse」が開店した。

”塩振りおじさん”がシェフを務める飲食店なのだが、ここを訪れたツイッター民が「法外だった」と4人分の食事代のレシートを投稿。あまりにぶっ飛んだ価格設定だとして大きな注目を集めた。

「レッドブル4缶で44ポンド(約6,660円)はもはや笑うしかない」
塩振りおじさん イギリス ステーキ屋 ヌスレット・ギョクチェ

4人分の食事代:
1812.40ポンド(約27万4,470円)

<海外の反応>


合法ぼったくりwwwww


ボストンで出してるこの人の店行ったことあるけど高いだけで味は大したことなかったよ。純粋な飯代というよりブランド代を払ってると言った方が良い


本当に申し訳ないけどマズそう\(^o^)/



ネット人気だけでこんな価格つけれるとはスゲーわ!


これぞ世界最高峰の自己プロデュース力


金を払う人がいるからこうなる


インスタ映えで小金持ちが集まりそう


近くにあるミシュラン3つ星レストランの方が数段安いと思うんだが・・


1人の約7万円の夕食代はいくらロンドンといえど恐ろしいほどに高価だ。詳しく内訳を見てみるとこれまた驚愕させられる。

店自慢の「24kで覆われたトマホークステーキ」はなんと630ポンド(約9.5万円)。

「ハンバーガー」は100ポンド(約1.5万円)で、250mlのコカコーラは1本9ポンド(約1360円)、さらにレッドブル1缶11ポンド(約1660円)と目を疑う価格が続く。ただしここで朗報だ。なんとトルコ紅茶は無料!お客想いの気の利いたサービスと言えよう。

<海外の反応>


10万円也
塩振りおじさん イギリス ステーキ屋 ヌスレット・ギョクチェ


と、トルコ紅茶だけ飲んで帰りましょうか(ガクブル


つーかトマホークステーキは全体の90%は骨やがなwwwww


以下、貧乏人の僻みコメントをお楽しみください


店内はこんな感じ。ホテルの朝食会場かな?w
塩振りおじさん イギリス ステーキ屋 ヌスレット・ギョクチェ



↑こんな高価なのにドレスコードないのか


ここはいわゆる富裕層のための高級クラブみたいなもん。だから高ければ高いほどステータスを示せていいんよ


いやぁいくら金持ってても自分はここに行かないかな><

みんな人生で一番高いボッチ飯いくら?
私は龍景軒の4万円だけど支払いはマジ手が震えた


ミシュランガイド東京 2021

発売日:
メーカー:
価格:3334
カテゴリ:本
セールスランク:21733
Amazon.co.jp で詳細を見る