マンモス Colossal アメリカ アジアゾウ マンモス復活 ゲノム編集技術

バイオ企業Colossalが「マンモス復活プロジェクト」実現化に向けて1,500万ドル(約16.5億円)の資金調達を成功させたことが判明した。


研究者らは資金調達を終え、6年以内に最初のマンモスを蘇らせようとしている。

マンモスの長い毛や分厚い脂肪層、その他寒冷気候に適応するのに重要な特定の遺伝子については、永久凍土から回収されたケナガマンモスのゲノムから特定。ゲノム編集技術を用いてアジアゾウの皮膚細胞をマンモス遺伝子に書き換えることで新しい胚を作るようだ。

これらの胚を人工子宮もしくは代理母となるアジアゾウの子宮に入れれば、アジアゾウとのハイブリッドな”赤ちゃんマンモス”が誕生することになる。

マンモスのお手軽レシピ
マンモス Colossal アメリカ アジアゾウ マンモス復活 ゲノム編集技術

<海外の反応>


きたあああああああ


この手の研究ではロシアと日本が先行してたはずだが、やはり資金調達面ではアメリカが一歩リードか。ぜひともマンモスを見てみたいものだね


マンモス終わったら巨大ナマケモノおねしゃす!
マンモス Colossal アメリカ アジアゾウ マンモス復活 ゲノム編集技術



ジュラシックパーク来る!?


マンモス復活させるより
他の動物の絶滅を防ぐのに金使えばいいのに



こうして新しいウイルスが出てくるのですね分かります


この調子で死んだ人も蘇らせようぜwwwww


「マンモス復活プロジェクト」はアジアゾウだけでなく地球環境保護を目的とした取り組みと言える。

アジアゾウが北極圏に広がる草原地帯で繁栄できるようになれば保全に繋がるし、また樹木を倒して地面を踏み固めることで草原を回復できれば、土地は冷えて永久凍土融解(つまりメタンや二酸化炭素の放出)を防ぐのに役立つかもしれない。

「私たちの目標は耐寒性のあるゾウを作ることですが、見た目も動作もマンモスのようになります」とハーバード大学医学大学院のジョージ・チャーチ教授は語っている。

<海外の反応>


マンモス復活とかマジぱねえっす


天才科学者「地球が冷えていた時の動物を復活させれば温暖化がなくなるのでは?」


温暖化対策とかアフリカゾウの保全とかほんまどうでもいい。マンモス復活させよう!だって面白いじゃん!地球上全ての人の人生が豊かになるはず!


クローンとかゲノム編集とか正直怖い\(^o^)/


↑どうせ誰かがやるんだから
政府の監視下でやらせるのが一番安全



お前らジュラシックパークから何も学ばなかったのか???


復活したところでまた絶滅するんではなかろうか

夢にみたギャートルズのあの肉が食べれるの!?

ジュラシック・パーク [Blu-ray]

発売日:2012-06-20
メーカー:
価格:973
カテゴリ:DVD
セールスランク:1007
Amazon.co.jp で詳細を見る