ジェセニア・モラレス バンジージャンプ コロンビア 事故

今月18日、コロンビア北西部アマガの渓谷に架かる橋からバンジージャンプ体験をした女性が転落死。ロープもなしに誤って飛び降りてしまったようだ。


この日、女性弁護士ジェセニア・モラレスさん(25)が恋人と人生初のバンジージャンプに挑んだ。

恋人の男性はすでに安全器具を装着した状態で待機していたのだが、係員が男性に向けて飛ぶよう指示したところ、まだ足首にロープを着けていないモラレスさんが自分への合図だと勘違い。

高さ50メートルの橋から身を投げ帰らぬ人になってしまった。

<海外の反応>


現場にいた人も恋人の男性も一生モノのトラウマだわ((((;゚Д゚)))))))


普通ちゃんと自分にロープがついてるかまず確認するだろ!?


こんな死に方だけは嫌だ...


ここか
ジェセニア・モラレス バンジージャンプ コロンビア 事故


海外でムチャするなってことだ。こういう国の健康安全規則はかなり適当だから。そもそもロープ着けてない状態でジャンプ台にいること自体おかしいやろ


本来は飛ぶ寸前までジャンプ台に近づくのもダメなはずだが


↑もしかして助走つけて
遠い所からジャンプしたとかないよな?


モラレスさんの体にはハーネス装具が着けられていたため、バンジージャンプ初めてで勝手が分からない彼女は安全だと勘違いしてしまったのだろう。

恋人の男性が急いで落下地点に向かい心肺蘇生を試みたものの助からず。駆けつけた消防隊により即死が確認された。

バンジージャンプ斡旋企業には無許可営業の疑いが持たれており、現地当局は捜査を開始している。

<海外の反応>


>無許可営業
あー現地の人間が考えなしに観光地化して金儲けしてたんやろうな


ハーネスなんかよりもロープをつける方が先でしょ


悪夢としか言いようがないです


勘違いさせてしまった施設が全責任を負わないとだな


バンジージャンプとか何が楽しいんだか


バンジージャンプもスカイダイビングもスポーツじゃない。アドレナリンラッシュを楽しむためだけの、いつか死人がでるロシアンルーレットだ


遺族や身内はつらいやろうなぁ

海外でクレイジーなバンジーしてみたいけどこういうリスクが怖い

リングフィット アドベンチャー -Switch

発売日:2019-10-18
メーカー:任天堂
価格:7573
カテゴリ:ビデオゲーム
セールスランク:1
Amazon.co.jp で詳細を見る

キングダム 62 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

発売日:2021-07-16
メーカー:
価格:606
カテゴリ:Digital Ebook Purchas
セールスランク:
Amazon.co.jp で詳細を見る