宇宙人解剖フィルム NFT オークション

異星人の死体解剖を撮影したとされる『宇宙人解剖フィルム(Alien autopsy film)』のフィルムコマが、このほどデジタル資産NFTとしてオークションにかけられた。


出品されたのは『宇宙人解剖フィルム』の16mmフィルムコマ。

これは1947年のロズウェルUFO墜落事故後に撮影されたもの。米国政府が宇宙人を秘密裏に解剖する様子を収めた映像とされており、世界中を大きく揺るがす記録フィルムとなった。

開始価格は450WETH(約1億3,100万円)。最高額入札者には本物を証明するユニークコード及びデジタルデータ、そして物理的なフレームコマも贈られる。

Raribleに出品された『宇宙人解剖フィルム』のフィルムコマ
宇宙人解剖フィルム NFT オークション

<海外の反応>


UFOファンの間では『宇宙人解剖フィルム』は捏造ってのが通説だが


捏造じゃないわけがないwwwww


映像はフェイクだがUFO墜落はガチ


1億円以上だしてこれ買うのは頭のネジが成層圏までぶっ飛んだやつぐらいだ


いや本当誰が買うのよwww


つーか昔の人間はこのフィルムを本物だと思って見てたのか?宇宙人が見つかったとして、人間と似た形をしてる可能性は低いとか考えないのかなぁ...


↑いわゆる想像力の欠如


『宇宙人解剖フィルム』を購入した英国のドキュメンタリー番組制作者レイ・サンティリ氏は「本物」と主張したが、2006年に彫刻家のジョン・ハンフリーズ氏が捏造を告白。また2017年にも「アパートの一室で動物の臓器で満たしたモデルを使って撮影した」と告白する映画制作者が現れた。

これにて真贋論争は終結したかのように思われたが、UFOや超常現象を研究していた国立発見科学研究所(NIDS)より2019年に”あるメモ”が流出する。

それは研究所職員エリック・デイビス氏が2001年に綴ったもので、「元CIA科学者のキット・グリーンがロズウェル事件の証拠を検証した結果、宇宙人解剖フィルムは本物だった」と書かれていた。

<海外の反応>


この宇宙人、我らが大統領が記者から質問攻めにあったときみたいな表情だ


フェイク映像なのにこうやって売っていいわけ?


↑本物か偽物かは関係ないんだろ。世界を揺るがした一枚として価値があるのだと思う。まぁ自分はこのデジタルデータなんぞ1ドルでも買う気はしないがw


アホから金を巻き上げるのが儲けの鉄則やし(笑)


ホンマNFTの価値が分からん〜


スマホでこの画像のスクショとりました!これ欲しい方は1000ポンドで売ります!至急ご連絡を!


天才「このフィルムコマ1億円でどや?」
お前ら「でもPCにスクショ保存したし」
天才「でも1億円払ったという証明がつくんやぞ?」
お前ら「マジかよ!買った!」



世界一の無駄遣いwwwww

ユルクヤルスタンプもNFTで売れば売上1億円いけちゃう!?

NFT 完全初心者への徹底解説

発売日:2021-05-13
メーカー:
価格:780
カテゴリ:Digital Ebook Purchas
セールスランク:1195
Amazon.co.jp で詳細を見る

モンスターハンターライズ -Switch

発売日:2021-04-07
メーカー:カプコン
価格:7253
カテゴリ:ビデオゲーム
セールスランク:1
Amazon.co.jp で詳細を見る