性別披露パーティ トランスジェンダー 差別 トランスフォビア デミ・ロヴァート

「赤ん坊の性別披露パーティはトランスジェンダー嫌悪だ」米女優のデミ・ロヴァートさん(28)の発言が国内外で波紋を呼んでいる。


ロヴァートさんによれば

・性別披露は性器の有無で決められ、「男」か「女」の2つの選択肢しかないという幻想に基づくもの。性器が性を決めるという考え方は科学と矛盾する

性別披露パーティはトランスジェンダー嫌悪であり、人がトランスジェンダーであることを無効にするだけでなく、またそうなることをも不可能にする。心の性と体の性が一致するシスジェンダーが標準であり、その他は派生的なものと考えるのも間違っている

性別が二元化されれば人は現実を観察できなくなるだろう

<海外の反応>


もう言葉も出ないよ...


どこからこんな考えが湧いて出てきたんだ?生物学に基づいた性別を他人に知らせることが差別だってそんなバカな話があるかよ


>性器が性を決めるという考え方は科学と矛盾
ん?


もう世の中むちゃくちゃや


両親「男の子が生まれました」
女優「男性器があるから男?それ差別です」←



自分は彼女に同意。子供が自分で性を認識するまで性別を押し付けるのは間違ってる


9歳以降なら性別披露パーティしてもいいと思う。必要ならその歳で子供は性別適合手術を受けることができるしね


ロヴァートさんは自身のSNSにこれらの主張を投稿。

「政治的に正しいとかの話ではなく、これは正しいことなのだ。トランスジェンダー嫌悪とは個人への中傷や偏見だけでなく、非トランスジェンダーがより”自然”だという思考体系から表面化するもの」と付け加えた。

しかし一方で「生まれて来た子供の性別を親や知人が祝ってあげてはいけないのか」「受賞歴のある生物学者の言うことは違う」など差別のレッテルを貼られた人々からは反発が出ている。

<海外の反応>


真実を言ってるだけなのにボロカスに叩かれて可哀想


↑ほんそれ、どうして寛容になれないのか


おじさんにはついてけない\(^o^)/


科学が人に性別を与えるのであって
セレブ解釈の科学がもてはやされるべきではない



性別披露パーティがくだらないって主張なら分かるが、トランスジェンダー差別を訴えるのはどうかと思うよ


彼女は科学と政治を切り分けて話すべき


薬物過剰摂取して死にかけたロヴァートさんじゃないですか。これだからドラッグはやめるべきなんだ
鬼滅の刃 DX日輪刀 ~胡蝶しのぶ~

発売日:2021-04-24
メーカー:BANDAI
価格:8000
カテゴリ:Toy
セールスランク:2
Amazon.co.jp で詳細を見る