Facebook 画像 心理に関連した画像-01

SNSに投稿されたある1枚の写真が「心理状態により見え方が変わる」として世界中で面白がられている。

問題の写真は、雪が降る林の中で黒いプードル犬がこちらに駆け寄ってきている写真。しかしこれが向こう側に歩いていく男性の後ろ姿にも見えるとの声が相次いでいる。

環境心理学者のリー・チャンバーズ氏によれば、この画像がどう見えるかによってその人の心理状態や性格が分かるという。

あなたが不安を抱えていれば、逃走中の男が見える可能性が高まります。悲観的だったり他人を信用しにくい人物であればその傾向は増幅されるでしょう。近寄るのではなく遠ざかる写真に見えるのです。逆にあなたが楽観的で精神状態も穏やかな場合、自分に向かってくる犬に見えやすいのです」

犬に見える?男に見える?
犬 錯視

<みんなの反応>


どちらにも見える私は不安症で自信家w


パッと見は男に見えたけど記事で言われてから犬に見えた!どちらにも見えて面白いですね!ワンちゃんの可愛らしい写真だし良い1日が始まりそうな予感


自分も男が最初に見えたわ!


仮に男の写真だったら足首ぐにょんぐにょんすぎるって


「左足くじいてますよ」って声かけてあげないとwwww


左足90度に曲がっててわらう
犬 錯視


逃走男に見えた僕は不安症なんだろうか。そんなはずはないけどそう言われるとそうかも、でもこんな画像で分かるわけないし、心配しなくてもいいよね?


<みんなの反応>


男だと思ってこの写真を見ると超小人で笑えてくるwwww


背中に犬を抱えた男に見えた私は一体


↑自分もだwwww


足が折れた小人が犬の頭を背負って逃げてる可能性も微レ存


とりあえずこのワンちゃんをヨシヨシしてあげたい(*´ω`*)


ワンコの顔が見えにくいのが
人間にも見える光景を生んでるんだろうね

自分も犬の首を背負うオッサンに見えた!
殺人鬼の素養があるかもしれん