ブラックホール 事象の地平面 スパゲッティ化現象

強い重力のため物質や光さえも脱出することができない天体・ブラックホール。宇宙の謎を解明には内部の観測データが必要になってくるが、「ある条件が揃えば人間は生きたまま安全にブラックホールに入ることができる」と米グリネル大学の物理学者は話している。


広大な宇宙には様々な特性を持つブラックホールがある。今回の議論に関係するのは太陽ほどの質量を持つブラックホール、そして質量が太陽の数百万倍から数十億倍にもなる超大質量ブラックホールだ。

この2種類のブラックホールは中心から事象の地平面までの距離(半径方向距離)が異なる。事象の地平面とはこれより先に進むと光も抜け出せないブラックホールの境界面のこと。

質量が太陽ほどのブラックホール(半径3.2km弱)に人間が足から入れば、ブラックホールの中心が近いため、足にかかる引力は頭に比べて指数関数的に大きくなる。このため人間はスパゲッティ化現象(麺のように細長く伸びる)を経て絶命すると考えられる。

一方で我々が暮らす天の川銀河の中心にある超大質量ブラックホール(半径1200万km弱)であれば、中心から遠いため、人間が受ける頭とつま先の重力差はほぼゼロ。つまり人はヌードル化せず事象の地平面を通過できると考えられる。

中心からの距離が近いと人間は重力差によりスパゲティ化
ブラックホール 事象の地平面 スパゲッティ化現象
<海外の反応>


『インターステラー』ってドキュメンタリー映画だったんだね(震


よし!誰かいけ!!


物理学者の皆さん、まずは自分たちで試してみてくださいね


スパゲッティ化現象は興味ある
人間どれぐらいまで伸ばされても生きられるのか



↑中世あたりの拷問で誰かやってそうw


最後はブラックホールに入って死にたいかも


この記事は民間人からボランティアを募るためのものだろ!今ならブラックホールに安全に入れますよ!ロマンですよね!って・・


安全に内部に侵入するには、超大質量ブラックホールである他にも人間に有害なガス・塵・星を吸い込んでいない周囲から隔絶した個体である必要があるようだ。

ただ研究者がブラックホールに無事入ったとしても、内部の観察データや測定結果は事象の地平面を抜け出せないため、外の人間が宇宙の秘密を入手することは叶わない。

冒険者の存在や発見はブラックホールの深い闇に吸い込まれていくだけだ。

<海外の反応>


なるほど、無事入ってもそれで終わりってことか


いやマジで死に際なら入ってもいいと思うわ


夢のような逝き方かもしれん


事象の地平面からデータが脱出できないって部分が理解できない。ドローンとか送ればいいだけじゃねぇの?


↑光も抜け出せないのにドローンは草


↑ブラックホールに入ると光よりも早いスピードで物質は吸い込まれるのよ。どんな信号を使っても光の速さが限界だから外には出られないというわけ


パンツ脱いで事象の地平面に股間だけ出せば大きくなるやん!

みんなで入れば怖くない

インターステラー [Blu-ray]

発売日:2015-11-03
メーカー:ワーナーホームビデオ
価格:973
カテゴリ:DVD
セールスランク:185
Amazon.co.jp で詳細を見る

眠れなくなるほど面白い 図解 宇宙の話

発売日:2018-04-06
メーカー:
価格:673
カテゴリ:Digital Ebook Purchas
セールスランク:1053
Amazon.co.jp で詳細を見る