多様性 アニメ Crunchyroll

米国のアニメクリエーター・Sara Eissaさんが22日、ある巨大なアニメ制作会社への不満をツイート。彼女の主張が大きな注目を集めている。


ある巨大なアニメ制作会社が”多様性”を持つ某アニメ番組に肩入れ。

この理由について「女性キャラしか出ず、また多様な体型やLGBTQ+も描写された”多様性を持つ”アニメだったため資金提供を行った」とEissaさんは同社に明かされたと言う。

するとこの制作会社はアニメの予告編をリリースせず、クリエイターらが”多様性”をこの作品の売りとして強調するインタビュー映像を公開。すると批判が殺到し、同社は多様性を特徴とするアニメ番組に資金提供したがらなくなってしまったようだ。


Crunchyroll製作『High Guardian Spice』が問題のアニメ番組と見られている

多様性 アニメ Crunchyroll

<海外の反応>


アニメみるときに誰が作ったとか正直どーでもいいわ!


多様な人種・性別・国籍のクリエイターが集まったとか知るかよwwww


マーケティング部門の責任やろこれは


クリエイターはあくまでアニメを作ることが仕事だ。それをどう宣伝するかは別の人の仕事なんだし文句言ってもとは思う...


実は肝心のストーリーが微妙だったから
こういうPRに切り替えたとかかも(笑)



↑あるある。物語が売れないと判断された気がする


『High Guardian Spice』は最悪だわな。アニメ作品じゃなくクリエイターを宣伝してるんだもの。有名なクリエイターならまだ分かるが、それで宣伝になるかいなw


まぁこの予告編(?)みてアニメを見てみようとは思わんわな


物語ではなく多様性をセールスポイントに使う人はくたばって!だって(多様性を宣伝する目的ではなく)本当に多様なキャストで番組を売り込みたい人が後回しにされるから。制作会社の幹部は先の例のように失敗すると考えてしまうの」と憤るEissaさん。

Crunchyrollスタジオ代表のMargaret Dean氏は「『High Guardian Spice』には女性専用の脚本部屋があります。少女が活躍するアニメなので、これは理にかなっています。また番組スタッフの半分は女性で人種もLGBTQ+も多様です」と宣伝していた。

同社製作のアニメ番組『Onyx Equinox』に携わるSofia Alexander氏やSamir Barrett氏もまた、物語ではなく多様性をマーケティングの手段とする行為に怒りを感じていることを明かした。

<海外の反応>


良い作品なら誰も多様性とか考えないで素直に楽しむんだけどねぇ〜


ストーリーが糞やったんやろwww


多様性があるからって売れるとは限らない


↑多様性は大事だけどそれ以上に大切なことがあるからね


たしかに『High Guardian Spice』のクリエイター映像、めっちゃ叩かれてたの思い出したわ。別に多様性があるのはいいんだけど、それを強調して何になるって話なのよね


まぁがんばれ(´・ω・`)


Crunchyrollがそうやって売り出すと決めた以上、従業員は逆らえない=

面白いアニメを作って、それだけだよ

プリンセスコネクト! Re:Dive 2 [Blu-ray]

発売日:2020-09-04
メーカー:コロムビアミュージックエンタテインメント
価格:9317
カテゴリ:DVD
セールスランク:4
Amazon.co.jp で詳細を見る

鬼滅の宴 (完全生産限定版) [Blu-ray]

発売日:2020-08-26
メーカー:
価格:5929
カテゴリ:DVD
セールスランク:15
Amazon.co.jp で詳細を見る