水野良 ラノベ 黒人 ロードス島戦記に関連した画像-01

黒人差別をなくすため、様々なメディアから今の時代にそぐわない描写や表現が規制されているが、日本ファンタジーの金字塔『ロードス島戦記』で知られるラノベ作家・水野良さんも「自らの著作が発禁になる可能性がある」と懸念を抱いている。

海外サイトNicheGamerが一連の発言を紹介している。


ラノベ作家・水野良さんの発言

Netflixで「ダークエルフ」が登場する作品が削除されているとの話題をTLで見たので、ソースを調べてみましたが、ダークエルフそのものが差別的だとして削除されたわけではなく、黒人以外の人種の登場人物がダークエルフに扮するため顔に黒塗りをしたのが問題になったようですね。


ただ、今後はダークエルフにかぎらず黒系=邪悪とすることに対し、差別的とされる可能性もなくはありません。私の著作がすべて発禁にされる未来もあるのかも。


正確な情報を集めつつ、今後の動向に注意しようと思います。

<海外の反応>


どうして?なぜこんなことが起きてるんだ?


これが進歩主義を掲げるアメリカだ


不安だよね(´;ω;`)


水野さんの心配はすごい良く分かる。日本はあんま海外企業とつるむべきじゃない。一方的に政治を押し付けて規制を求めるからね


『ロードス島戦記』に出てくるダークエルフ、セクシーで好きなのに・・


規制とか発禁になったら泣くよ


色黒を邪悪キャラ設定にすると差別ってことは色白を邪悪キャラにしろってこと?そうやって決める方が差別でしょ?


もう面倒だから色黒キャラは出さないようにすればw


↑はい、黒人差別ー!


ダークエルフといえば黒や褐色の肌(ときには青や紫)で、黒魔法を使う悪役として描かれることが多い。アメリカの会話形RPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』でも、色黒のダークエルフは野蛮で邪悪な設定が与えられてきた。

しかしキャラと似た特徴を持つ人種の人々にとって、これは差別的に映る可能性がある。

そのため出版社Wizards of the Coastは「実在する民族グループに苦痛を与える描写で、正しくなかった」と声明を発表。このような情勢を考えると、水野さんの心配も単なる杞憂ではないはずだ。

<海外の反応>


ポリコレ暴走


マジで規制とかされたら最悪だ


BLM運動って人種差別や不公平を正すためのキャンペーンでしょ。ダークエルフとか全然関係ないやん!


「悪い色黒キャラは禁止な」


・・くだらねぇわ


日本のメディアもこのノリで規制されていきそう…。日本のクリエイターはNetflixと働くべきじゃないよ!色黒の悪役は全面禁止になるだろうから!


ピロテースちゃん最高


で、白いキャラが悪役なのは差別じゃないのか?

どうなっていくのやら

ロードス島戦記 誓約の宝冠1 (角川スニーカー文庫)

発売日:2019-08-01
メーカー:KADOKAWA
価格:748
カテゴリ:Book
セールスランク:7162
Amazon.co.jp で詳細を見る