ネコとイヌが経済活動再開の議論に関連した画像-01

アメリカ人は働きに外へ出るべきか、それとも在宅勤務を続けるべきか。米経済紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が17日付の記事で、ネコとイヌによる主張を紹介している。


猫の主張「アメリカは今すぐ仕事に戻るべき」
ネコとイヌが経済活動再開の議論に関連した画像-02

いい加減にしろ!米経済はこの数ヶ月で歴史的落ち込みを見せているのだ。全国のネコを代表して言わせてもらう。早くお前らは家から出ていけ!

最初はまぁ面白いと思ったよ、でももうパーティはお終い。家のあちこちで寝そべって自宅待機するのはネコの仕事で、私が発明したものなのだ。

たしかにキーボードに寝転ぶのは気持ちがいい、あれは天国だから。でももう十分すぎる。たまに頭を撫でてくれてありがとう。だけどネコは社交的な生き物じゃないから。例外もいるだって?それはおめでとう。でも多くはーちょ鳥が窓の外にいるよ!鳥が!今すぐ!捕まえ!ないと!

おっとごめんよ、何の話だったかね?あぁそうだ、ネコの多くはもう君たちに働きに出てもらいたいと考えている。頼むから考えて欲しい。アメリカのためではない、ネコのために。

<海外の反応>


なんという幸せな議論wwww


こういう感じ
ネコとイヌが経済活動再開の議論に関連した画像-03


今年のピューリッツァー賞はこの記事に決定だ
これほど素晴らしい報道は見たことがない



うちのネコは私が家にいて幸せそうよ!こんなデタラメ書かないでちょうだい!


イヌの提灯記事やめろおおおおおお


WSJ紙は犬派が株を買い占めてるからな、ネコが悪者っぽく書かれるのは日常茶飯事だよ


アメリカのためでなくネコのために世界は動いてたか・・


犬の主張「ずっと在宅勤務を続けるべきだ」
ネコとイヌが経済活動再開の議論に関連した画像-04

急ぐのは良くない。経済と健康の両方のバランスを考えるべきだ。そして大事なのは散歩だ、一考の余地が必要だろう。またボールも重要だ。僕たちはボールを追い続けなければならない。

たまにヘマをやらかすけど、僕はイヌだ。イヌはみんなに家にいてほしいんだ。この一ヶ月は人生で最も素晴らしい時を過ごせたよ。ご主人さまは朝もいるし、夕方も、昼食時にもいるんだから。最高だ。散歩もボール遊びも何度もやってくれて、幸せの極みだ。

ネコは「もういい」と言っているに違いない。ネコを信用してはならない。奴らは意地悪なんだから。ネコはご主人さまのことなんて気にも留めていないんだから。

でもイヌは違う。一緒にいてくれるみんなを愛してる。いてよ!ずっと一緒にいてよ!良い子でいるよう約束するから。

<海外の反応>


イヌ「ネコを信用してはならない」wwww


ふざけんな!ふざけんな!ふざけんにゃ!
ネコとイヌが経済活動再開の議論に関連した画像-05


つまり一日でも早い経済再開を促すトランプ大統領はネコだった!?


大統領の真の姿
ネコとイヌが経済活動再開の議論に関連した画像-06


うちのイヌ甘えん坊だから
私が勤務したらストレスにならないか心配



ネコも愛情深いぞ!私のスネについた傷も深いが・・!


まぁでもマジレスすると、在宅勤務を増やした方が環境や人間関係にとってはいいよね。経済至上主義の考えは改めて見直すべきかもしれん

今年一番素敵な議論だ(*´ω`*)