麻薬カルテルに関連した画像-01

メキシコでは泣く子も黙る恐ろしい犯罪組織や麻薬カルテルなどが、新型コロナウイルスの影響で思わぬ打撃を受けています。


メキシコでは、違法な薬物の製造や密売を行う麻薬カルテルの存在が危険視されています。2006年から現在に至るまで「メキシコ麻薬戦争」と呼ばれる武力紛争も続いており、市民の生活の安全を脅かしてきました。

そんな中、メキシコシティを拠点とする麻薬カルテル『La Union De Tepito』は現在経済的な苦境に立たされているとのこと。

この組織は違法薬物の取引や偽ブランド品の販売を取り仕切ることで利益を上げているものの、その薬物を製造するための化学成分や偽造品はすべて、今は取引ができない中国から仕入れていたのです。

<海外の反応>


つーかなんでこんな犯罪組織の情報が筒抜けなんだよwwww


ドキュメンタリーで密着取材してる番組とかあるしな


情報は筒抜けなのに
麻薬が根絶できない謎



まあ需要と供給が成り立ってしまってるからな・・・


「かわいそうに」とは誰も言わないのであった(笑)


とうとう麻薬も作れない時代になっちまったか。世も末だな。


麻薬カルテルのためにも、より素晴らしい世界を作ってやらないとなwww


中国は歴史的にも麻薬成分の製造元として知られており、主要な供給源として頼っているメキシコの麻薬カルテルは多くあります。しかし新型コロナ感染防止のために海外渡航が制限されている現状、中国からの仕入れを行うことはできません。

麻薬成分や偽造品の仕入れを行うことが出来ず、また他の供給ルートもないため、まさにお手上げ状態になっています。

<海外の反応>


諸悪の根源は中国なんじゃないかwwww


逆にこの世に存在するありとあらゆる邪悪の中で
中国が関係していないものを教えてほしいわ



いいぞ新型コロナウイルス! もっとやれ!!


まさか新型コロナを応援する日が来るとは思わなかった


アメリカ政府が長年達成できなかった麻薬撲滅への第一歩を、まさか感染症がやっちまうだなんてな・・・


収入がなくなった麻薬カルテルが、追い詰められて犯罪に手を染めないことを祈るよ


↑いやもう手遅れなんだが


↑絶対に手を染めるだろうなという確信がある


こんなところまで物資不足
麻薬常習者も大変だな



だから言ってるじゃん。禁止にして取り締まっても悪者が儲けるだけなんだって。それよりも、合法にして流通させて、うんと税金かけてやるほうがいいんだって

どの業界も大変w

コミックマーケット 98 冊子版 カタログ 4日間参加証リストバンド付き

発売日:2020-04-13
メーカー:コミケット
カテゴリ:Book
セールスランク:1
Amazon.co.jp で詳細を見る