鉄の雨が降る惑星「WASP-76b」に関連した画像-01

スイス・ジュネーヴ大学の研究者たちは、ヨーロッパ南天点文台(ESO)の超大型望遠鏡を用いて、地球から640光年先に太陽系外惑星「WASP-76b」を発見しました。

ここでは雨の代わりに鉄が降るといいます。


主に水素やヘリウムなどの気体によって構成される巨大ガス惑星「WASP-76b」。

木星の倍ほどの大きさもあり、”潮汐固定”と呼ばれる、昼と夜が入れ替わらない状態にあると考えられています。

そのため惑星の昼側は摂氏2,400度の超高温に達し、鉄すらも蒸発してしまうのだとか。一方で夜側は摂氏980度ほどまで低下。1,000度以上の気温の落差のため、1万8,000km/h近くの猛風が吹き荒れています。

<海外の反応>


鉄の雨!これが真のヘビーメタルってワケか!


なんて気候だ!環境活動家を派遣して、この惑星を救ってもらおう!


ピッコロでも生きられないレベル


なんてこった、この世界にロンドンよりも危険な地域があるだなんて


630光年も向こうにある惑星の研究なんてして、いったい何の役に立つんだ?金の無駄じゃね?


ただスゴイ望遠鏡を覗くだけでそこまで分かるんなら
宇宙開発の研究費っていったいドコに消えてるのw



まあその惑星に行くこともないだろうし、俺には関係ないかなぁ


「強風によって運ばれた鉄が雨のように降り注ぐ可能性がある」とデビッド・エーレンライク教授。

「私たちの想定では、惑星の昼側で蒸気になった鉄が、夜側で冷やされ凝縮し雲や雨となります。それがさらに大気のより下の層へと降っていくと考えていますが、私たちの設備ではそこまでの観測はできません」と続けています。

<海外の反応>


熱帯夜ってレベルじゃねえ!!


果たして、640光年も離れている惑星についての推測が、どれほど当たっているのだろうか


あれ?鉄の沸点ってもっと高くね?


とはいえ推測だろ。いくらでも言えるからね


↑推測だとしても、お前らよりはずっと詳しい人たちだから安心しろ


テキサス州の夏とどっちが暑い?


とはいえ、暑さに強いオーストラリア人なら余裕に違いない

かっけぇ
【PS4】DEATH STRANDING

発売日:2019-11-08
メーカー:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
カテゴリ:Video Games
セールスランク:159
Amazon.co.jp で詳細を見る

宇宙兄弟(37) (モーニングコミックス)

発売日:2020-02-21
メーカー:講談社
カテゴリ:eBooks
セールスランク:116
Amazon.co.jp で詳細を見る