日本の育児休暇に関連した画像-01

ユニセフの2019年の報告によれば、世界41ヶ国の上位富裕国において父親に法定の育児休暇を認めているのは26ヶ国。うち、もっとも寛容な制度を導入しているのは、日本、韓国、そしてポルトガルの3ヵ国だそうです。


経済協力開発機構(OECD)によれば、加盟国の中で父親の有給育児休暇が認められている期間の平均は8.1週間だといいます。

一方で、日本は世界で最も長い30週間にも及ぶ父親の有給育児休暇を認めているのだとか。

ただし実際に取得している父親の割合は、2017年度でたったの5%強。その主な原因としては、職場の人手不足、職員が育児休暇の申請を行わない、また「歓迎されていないような雰囲気がある」といったものが挙げられています。


■父親の育休取得可能期間

日本(30週間)
韓国(15週間)
スウェーデン(11週間)
カナダ(5〜8週間)
オーストラリア(0.9週間)
イギリス(0.4週間)
アメリカ(0週間)

<海外の反応>


この手のランキングで日本が1位ってのは意外だな!笑


↑制度としてあるってだけで
結果誰も取得してねーけどなw



最近、日本の政治家が取得して話題になったんだっけ?


やはり日本の仕事文化は正気の沙汰じゃないwwww


日本「ちゃんと育休取れよ?仕事できなくなっても知らんが」って感じなんか?


スウェーデンじゃ、父母あわせて合計480日(68週間)も貰えるんだが、それでも日本とかの方が父親の育児に寛容なわけ?


↑ドイツもそんな感じなんだけど
あんま触れられてないわ


父親の育児休暇取得の重要性を認める国は、徐々に増え続けています。

国際労働機関(ILO)によれば、1994-2015年の間で、父親への法廷の育児休暇を導入した国は40ヶ国から94ヶ国にまで増えたのだとか。

そんな中で育児休暇に最も不寛容だと言われているのは、実はアメリカ。唯一、父母に対してどのような形態の有給休暇も認めていないのだそうです。

<海外の反応>


アメリカって育児休暇ないの!?母親も!!?


アメリカ人の父親たちよ、今こそ立ち上がる時だぞ


そんなに厳しいか?オーストラリアにあるアメリカの会社で働いてるんだが、8週間は休ませてくれたよ


まあ制度としてあるってだけだから、実情はまた別だよな


アメリカの場合は州によって法律も違うしな。ニューヨークで働いてるけど、結構周りには寛容な会社も多かったりする


しかし日本の30週は魅力的だ


俺がアメリカ人で、妻が日本人なんだが、さてどうするかな・・・

どんどん育休取って奥さんを助けてあげようぜ(*´ω`*)
総務担当者のための産休・育休の実務がわかる本

発売日:
メーカー:日本実業出版社
カテゴリ:Book
セールスランク:17769
Amazon.co.jp で詳細を見る

ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた1 (ヴァルキリーコミックス)

発売日:2018-08-29
メーカー:キルタイムコミュニケーション
カテゴリ:eBooks
セールスランク:1061
Amazon.co.jp で詳細を見る