ビル・ゲイツに関連した画像-01

「この大晦日に考えていること(What I'm thinking about this New Year's Eve.)」というタイトルで、年末にブログを更新したビル・ゲイツ氏。アメリカの税制に関する自身の考えを書き綴っています。


アマゾンの創始者であるジェフ・ベゾス氏に次いで、世界二位の富豪として知られるビル・ゲイツ氏。

常日頃から「裕福な人間はより多く税金を支払うべき」と主張しており、ブログ内でも同様の自論を展開しています。

「私たちはこれまでも、時代の変動に追いつくために、税制をアップデートしてきました。今、再びそれを行うべきです。まずは私のような(金を持っている)人間への税金を上げることから始めましょう」

<海外の反応>


みんな同じことを思っているよ、ビル


きっと税金を払うくらいしか使い道がない、ってくらいに金を稼いだんやろな・・・


彼は何年も同じことを言い続けているので信用できる


口でなら幾らでも言える。本当に実行するかどうかだ


↑ゲイツは山のような金額を寄付してるぞ


それを公約にして税制を変えてくれ!


慈善事業への寄付などで多大な社会貢献を行っているゲイツ氏は、課税によりアメリカの貧富の格差を縮めるべきだと主張。

アメリカの歳入のうち、所得税が多くを占めていることを指摘した上で、人々の所得ではなく資産に対する課税を高めていく必要があるとしています。

資産に基づいた課税は、格差を縮めることに繋がるだけではなく、富裕層にとっての「抜け穴」のようなものを塞ぐことにもつながるのだと言います。

<海外の反応>


問題は税率じゃないんだよな


本当に稼いだ金額よりも少なく申告したりする奴らもいるからね・・・


金持ちの口から出てきた言葉は、一言も信用できない


まあ、ゲイツが何を言ったところで、政治家が動かなきゃ何も変わらんよ


ビル・ゲイツほどに金も権力もある人間なら、そういう税制の問題くらい、本当に解決できそうな気がするんだけど


どうせ世間向けの良い人アピールだろ!

ジェフ・ベゾス「・・・」
ビル・ゲイツの幸せになる質問 もしも1日200円しか使えなかったら?

発売日:
メーカー:日本実業出版社
カテゴリ:Book
セールスランク:23056
Amazon.co.jp で詳細を見る