人工妊娠中絶に関連した画像-01

医療倫理を取り扱う学術誌『Journal of Medical Ethics』にて、人工妊娠中絶に関する衝撃の研究結果が明らかになりました。


人工妊娠中絶を行うことが出来るのは通常、妊娠から満24週以内まで。これは「24週以前の胎児であれば、痛みを感じることはない」という医学的な見解に基づいていました。

しかし今回の研究の筆頭著者であるスチュアート・ダービーシャー教授によれば「妊娠13週目ほどでも“痛みのようなもの”を感じるかもしれない」とのこと。

ダービーシャー教授らは、この見解に基づいて、「そのような段階になって中絶を受けようとする女性は、処置によって胎児が痛みを感じる可能性があることを知らされるべき」と言及。また「医療スタッフも女性患者に対し、胎児への痛み止めの処方を希望するかどうかを尋ねるべき」とも論じています。

<海外の反応>


逆に中絶容認派の人たちって、今までは「痛みを感じないから殺してもセーフ」って考えだったの?


12週目以降の中絶は禁止しよう
母体へのリスクもあるし



妊娠を自覚するまで6週間くらいかかるとするじゃん。それから1ヶ月悩んでも、だいたい妊娠10週目だろ。13週目までに中絶に踏み切るのって、そんなに難しいことか?


↑そんなに単純な問題じゃねーんだよ
何でも予定通りに進むと思うな



お腹の中は赤ちゃんにとっては世界で一番安全な場所だったはずなんだけどな・・・


母親にも子どもにも厳しい世界になっちまったな


お腹の中にいる状態でも、出産を望まれていれば「赤ちゃん」と呼ばれ、出産を望まれていなければ「胚」とか「胎仔」とか呼ばれる。皮肉だよな


↑まあ「赤ちゃん」って呼んで人間扱いしちゃうと、もう殺せないじゃん


ダービーシャー教授によれば、胎児の脳と神経系は早ければ妊娠18週目で痛みを認識するレベルまで形成されるのだそうです。

また最新の研究によって、感覚的な情報を司る大脳皮質についても、これまで想定されていた時期よりも早い段階で形成されていた、ということが明らかに。

もし事実であれば、中絶認可の基準が大きく揺らいでしまうかもしれません。

<海外の反応>


13週で痛みのようなものを感じるレベルか、24週目だと激痛だろうな


26週目で早産したことがあるんだけど、生まれた赤ちゃんは注射をされて泣き叫んでいたわ。胎児が痛みを感じない、なんて嘘っぱちよ


↑大変だったな。アンタも赤ちゃんも、今も無事であることを祈るよ


私の考えでは「胎児」という言葉がそもそも、赤ちゃんを人間扱いしないために作られた都合のいい言葉だと思う


↑いや「まだ生まれていない、お腹の中の赤子」以外の意味はないだろ。勝手に意味を付け足すな


中絶クリニックじゃなくて
赤ちゃん虐殺場に名前を変えるべきだ!



ちょっと気になったんだけど、はたして中絶反対派のうち何人くらいがベジタリアンなんだろうか。生命に不要な痛みを与えたくない、って意味では似通ったものだと思うんだが


中絶反対派のベジタリアンは知り合いに何人かいるよ


どんな理由をつけても中絶は人殺しだ!

(´;ω;`)ブワッ
【第1類医薬品】ロキソニンSプレミアム 24錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

発売日:2016-04-11
メーカー:第一三共ヘルスケア
カテゴリ:Pharmacy
セールスランク:10
Amazon.co.jp で詳細を見る

ママ、さよなら。ありがとう

発売日:
メーカー:二見書房
カテゴリ:Book
セールスランク:15240
Amazon.co.jp で詳細を見る