睡眠時無呼吸症候群(SAS)に関連した画像-01

米ペンシルバニア大学の研究チームは、眠っている間に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」の原因に関して興味深い研究結果を発表しました。


就寝中に呼吸が阻害されるために、大きないびきや呼吸音を起こしてしまう睡眠時無呼吸症候群(SAS)。日中の強い眠気や集中力の低下にもつながってしまう、厄介な睡眠障害です。

ペンシルバニア大学・医学大学院の研究チームは、肥満のSAS患者67名を対象に実験を行いました。

参加者の体重を、現在の10%ほど減少させたところ、30%ほど症状の改善が見られたとのこと。のどや腹部のMRIスキャンを実施し、患者の気道にどのような変化が見られたかを確認した結果、舌の大きさや脂肪の量が減った患者ほど症状の改善も大きかったそうです。

<海外の反応>


よくぞ解明してくれた!


ウチの旦那もまさにコレ。医者にも痩せなさいって言われたわ


たしかに舌が太れば口の中の空気の通り道が狭くなるもんな


全てのいびきが肥満によって起きるわけじゃないが
デブは絶対いびきをするってイメージ



よし、次にジムに行くときはちゃんと舌用のトレーニングを組んでもらおう


元の体重から15キロぐらい痩せたことがあるんだけど、確かにそれ以来いびきしてないわ


たまに戦闘機みたいないびきする奴いない?


「私たちは舌についた脂肪がリスクファクターであり、この脂肪が減ったときに睡眠障害が改善すると分かったのです。肥大化した舌は睡眠中に少しずつのどの奥の方へと下がっていってしまい、気道を狭めたり塞いだりしてしまいます」

このように語るのは、研究著者のリチャード・シュワブ氏。今回の発見がSASの新たな治療法の確立につながるとも期待しています。

過去の研究によって、太っている人々ほどSASに罹りやすいことは明らかになっていました。しかし、なぜ肥満が睡眠時無呼吸を引き起こすのかについては、はっきりとは分かっていなかったといいます。

<海外の反応>


なるほど。悪いのは俺じゃなくて、俺の舌の脂肪だったってことか


睡眠時無呼吸用の器械とか売ってるけど、あれも結局太ってると効果が減っちゃうらしい


就寝前の飲酒や喫煙も良くないっていうよね


俺の場合、原因は舌じゃなくて鼻だった。手術で改善したよ


起きているときもうるさいヤツほど、いびきもうるさいよね


舌がデカすぎて、口に収まりきらないんだ。起きるたびに歯形ついてるんだが、俺やっぱりいびきしてるのかな


舌の大きさ自慢してくるやつ、今後は「いびきもクソデカいんだな」って目で見てしまいそう

ベロってどうしたら痩せるんだろか...
たった10日のミラクル・ダイエット 「やせる舌」をつくりなさい

発売日:
メーカー:青春出版社
カテゴリ:Book
セールスランク:45316
Amazon.co.jp で詳細を見る