キャッツに関連した画像-01

アメリカの高学歴層が読者の大半を占めると言われる米高級紙ワシントン・ポスト。

同紙が、LSDやマリファナ、マジックマッシュルームなどの違法薬物を服用しながらミュージカル映画『キャッツ』を視聴した人々の貴重な意見を紹介しています。


劇中に登場する猫人間のビジュアルに、「怖い」「気持ち悪い」「グロテスク」などの酷評が集まっている、話題の実写映画『キャッツ』。

しかし一部の人々は「事前にドラッグを服用して視聴すれば、奇妙な映画であっても、一周回って素晴らしいものになる」と考えたようです。

そこでワシントン・ポスト紙は、幻覚剤によるトリップ中に『キャッツ』を視聴した人々の感想を紹介。違法な薬物の使用を認めているわけではないと前置きした上で、興味深い体験談を記していました。

<海外の反応>


なぜそんな発想に至ったのか


ワシントン・ポストも何やってんのww


『キャッツ』の悪夢を耐えきる唯一の方法がドラッグかよ


笑い過ぎて涙出てきた・・・


せめてもっと良い映画でやれww


『アバター』でやると最高って噂は聞いたことあるな


ディズニーだと『ファンタジア』がおススメ


しかし良いアイデアを聞いた。トランプの演説を聞くときに試してみよう


視聴した人々の中には「人生最高の映画体験」「4回ほど吐いたが、より深いレベルで完全に内容を理解できた」「何度も泣いた。もう2回くらい見に行こうと思う」と、好意的な意見を寄せる人も。

しかし一方でドラッグが悪い方に作用してしまったためか、服用せずに視聴するよりももっと恐ろしい体験をした人もいたようです。

彼らの反応は、「新手の邪悪を見た」「魂が身体から逃げていった」「テイラー・スウィフトが歌い始めたあたりでパニック発作が起きた」等々。他にも「ウチで飼っている猫を嫌いになりそう」「登場人物が振り返って私の目を見つめてきた。そのときに、犬は猫ではないのだと分かって、恐ろしくなった」と、かなりの混乱を引き起こしてしまったようです。

<海外の反応>


意味が分からないwwww


こいつら天才やろ


伝説級の駄作だと思っていたが、それを更に悪化させる方法があるとはな・・・


『スター・ウォーズ・ホリデー・スペシャル』の方が酷いぞ


こういう記事でも書いてもらわないと
『キャッツ』もチケット売れないんだろう



だから『ドッグス』にしておけばよかったんだ


見るつもり全然なかったのに、興味出てきちゃったな・・・


次の休日にでも試してみるか

こんなん笑うやろww
キャッツ (字幕版)

発売日:2013-11-26
メーカー:
カテゴリ:Movie
セールスランク:895
Amazon.co.jp で詳細を見る

キャッツ - サウンドトラック

発売日:2019-12-20
メーカー:Polydor Records
カテゴリ:Digital Music Album
セールスランク:653
Amazon.co.jp で詳細を見る