スティーブ・シプトンに関連した画像-01

森林火災が猛威を振るうオーストラリア南東部NSW州で1日、ある牧場主が苦渋の決断を迫られた。飼っていた牛20頭が重症のヤケドを負ってしまったためだ。


牧場主スティーブ・シプトンさんは銃を持ち、焼け野原になった自分の牧場に足を踏み入れた。飼っていた20頭もの子牛が、ここ数日の山火事により大ヤケドを負ったためだ。

これ以上耐えがたい苦痛を与えぬよう、彼は安楽死させることに決めた。

手塩にかけて育ててきた牛一頭一頭に銃口を向けたシプトンさん。仕事を終えガックリと肩を落とす彼のもとには近隣の牧場主らが集まり、慰めあう姿があった。

スティーブ・シプトンに関連した画像-02

<海外の反応>


泣いた(´;ω;`)


彼は子牛のために必要なことをしたと思う
たぶん誰よりも一番彼が悲しんでるよ



新年早々から悲しすぎる・・・


クラウドファンディングで募金してあげたい!!


この牧場主みたいな境遇の人は今オーストラリアで何百人といるはずだよ。ったく政府は何をやってるんだ!


ツラかっただろうが勇敢な人だと思う


わざわざ殺す必要ないのに
助からなかったのかな?


ニューサウスウェールズ州では年末年始にかけて森林火災が相次ぎ、ここ数日で176軒の家屋が焼失、7名が命を落とした。

しかしこの山火事に苦しめられているのは人間だけではない。

シドニー大学の専門家によれば、オーストラリアでは9月以降、推定4億8千万匹の動物たち(哺乳類・鳥類・は虫類)が炎に巻かれて命を落としたようだ。ここ数日に起きた火災は動物たちにさらなる被害をもたらすと考えられている。

<海外の反応>


悲しみ


男たちが慰め合ってる姿に心打たれたわ


しかし我が子のように育てた子牛を自らの手で殺めなければならないなんて・・考えられないほどの悲しさだ・・


これが被害の一部でしかないという現実


被害にあわれた方に神の御加護がありますように


つーか利益がなくなって悲しんでるだけちゃうの?


↑お前は今すぐすべての牧場主に謝れ。どれだけ彼らが愛して仕事をしているか、お前は何も分かっちゃいない


こうやって苦しんでる人いるのに新年の花火はマジでいらなかった

被害にあわれた方々が一日でも早く元の生活に戻れますように・・
毎日、牛まみれ 牛が好きすぎて酪農してます!

発売日:2019-06-20
メーカー:KADOKAWA
カテゴリ:Book
セールスランク:68617
Amazon.co.jp で詳細を見る

PHOTO ARK 動物の箱舟 絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

発売日:
メーカー:日経ナショナルジオグラフィック社
カテゴリ:Book
セールスランク:63482
Amazon.co.jp で詳細を見る