キャッツに関連した画像-01

世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔『キャッツ』が実写映画化されました。しかし本作には目を疑うような酷評が相次いでおり、逆に興味を惹かれる人が続出しています。


YouTubeより『キャッツ』予告
https://youtu.be/SZOAgztqTLw


Vulture記者:
「キャッツを善と悪のベクトルで判断するのは間違いだと思う。愛情を込めて言うと、あれは怪物だ」


ジャーナリストDavid Farrier氏:
「13歳の頃、両親がネコの繁殖を始めた。鳴き声を上げあさり歩き、とめどなく交尾するネコたちの光景が今も目に焼き付いている。25歳になると自分はケモナーの友人とつるむようになった。彼らは毛皮のスーツを着込み発情。鳴き声を上げながら性交渉を続けていた。そして37歳になった自分は『キャッツ』を観た。13歳と25歳の自分を追体験しているようだった。これは映画ではなくカオスである」


Polygon記者:
「キャッツとは、第三の目が開きアストラル界を覗き込むことができるようになるような幻覚体験である」


ロサンゼルスタイムズ記者:
「キャストが『幸せって何かを思い出した』と歌っていたが、劇場の出口の光を見たときにも同じことを思い出せるはずだ」


The Beat記者:
「キャッツはゴミ映画である。犬の生誕以来、猫にとって最悪の出来事だ」

<海外の反応>


クッソ笑った


酷いってレベルじゃないだろw


ついに人類最高峰傑作の映画が完成したか・・


楽しみにしてた『キャッツ』ファン
キャッツ


これは公開初日に見に行かないとだwwwww


>13歳と25歳の自分を追体験しているよう
幼い頃の記憶を思い出させる映画とか相当の傑作に違いないわ!アカデミー賞はこれで決まりだ!


犬の生誕以来ってレビューすこ


もうなんかゾクゾクするね!こんな大予算のクソ映画は初めてかもしれん!



ニューヨークタイムズ記者:
「これまで知られていなかった不浄なポルノのジャンルにうっかり遭遇したような体験だ。発情した毛皮のバケモノたちが舌を使ってミルクを飲み、いやらしい声をあげるたびに、FBIが劇場に乗り込んで来るのではないかと思った」


ハリウッドリポーター記者:
「キャッツは今年見た中で一番酷い映画だ。あまりに醜い映画だったので、記憶から消せないかと願うほどだ」


映画評論家Robbie Collin氏:
「自分の脳みそが寄生虫に蝕まれているのでは?と感じるほどだった。キャッツの映画体験はストレスが多すぎて偏頭痛を伴った」


io9記者:
「絶対に見てはいけないものを、絶対に見られてはいけないものを、観客は目撃することになる。畏怖の念を抱くはずだ」


SlashFilm記者:
「バカと天才は紙一重というが、キャッツとはその紙の上に毛球を吐き捨て、それをケツでなすりつけてくるような映画だ」

<海外の反応>


しかしどのレビューからも狂気しか感じられないw


なんでや
キャッツに関連した画像-02


ここまで酷評されると逆に自分でも体験したい!B級映画好きの血が騒ぐぜ!


ホント観たくなる不思議wwww


このミュージカル映画見るより
もはや評論読んでる方が面白いだろw



Rotten Tomatoesに「犬の勝利」ってレビューがあって吹いた


・・前コメにもあったがこんな大作でここまでコケるって逆に凄いわ

歴史に残る傑作が生まれたようです
キャッツ (字幕版)

発売日:2013-11-26
メーカー:
カテゴリ:Movie
セールスランク:1699
Amazon.co.jp で詳細を見る

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

発売日:2018-02-22
メーカー:
カテゴリ:Movie
セールスランク:18523
Amazon.co.jp で詳細を見る