アシュリー・ラミンに関連した画像-01

イギリスでもっとも若いトランスジェンダーの一人とされている、アシュリー・ラミンさん(12)。彼女が自分の体の違和感に気付いたのは、わずか3歳の頃だったといいます。


幼い頃からピンク色やお姫様のようなドレスを好んでいたというアシュリーさん。

彼女はアシュトンという名前の男の子として産まれました。しかし母親のテリさん(43)によれば、話し方を覚える頃には、自分が女の子だと主張していたといいます。

5歳になる頃には「いつになったらコレ(男性器)を切ってもらえるの?」だとか、「そもそも何でついているのか」と質問し始めていた彼女。そのため8歳でアシュリーという女の子の名前に正式に変更。13歳を目前に控え、彼女は思春期による心身の変化を防ぐために、ホルモン遮断薬の服用を始める予定です。


3歳で男の体に違和感に覚えたアシュリーさん
アシュリー・ラミンに関連した画像-02

アシュリー・ラミンに関連した画像-03

<海外の反応>


3歳で「あっこの体なんか違うな」とは流石にならねーだろwwww


あら、かわいくない?


投薬による体への影響もあるし止めたほうが良いよ(´;ω;`)


そういう取り返しのつかない決定は
もっと大きくなってからでもいいのにな



投票だろうが車の運転だろうが、年齢制限ってのは必要だからついてるんだ。どうして大人だけにその権利があるのか、この子はちゃんと分かっていないんだよ


真面目に、これを防げる法律ってないんか


しかし自分の性別に違和感を抱えたままで、思春期を迎えるのも辛いんだよな



アシュリーさんは、ホルモン遮断薬の服用は18歳まで続ける予定といいます。そして18歳になった時点で、性転換の手術を受けるか、それとも男性として生きていくかの決断をするとのこと。

また女性として生きていく場合は、母親になれるように、子宮の移殖も検討しているといいます。

「すべての人が理解をしてくれるわけではありません。受け入れてもらえる時も、そうでない時もあります。誰でも自分自身の考えを持っていて、私もそれは理解しています。道のりはとても長いけれども、この道の続く先には勝利が待っている、という感覚があるんです」

<海外の反応>


もうすでに美少女感出てるw


俺が12歳の頃なんて、お菓子食べてゲームやって、バカなことばっかりしてたよ。そんな年齢のうちから、性別を変えようってのは早いんじゃないかな


俺なんて3歳の頃の夢はお馬さんになることだぞwwww


お前ら記事をちゃんと読め。性転換手術は18歳になってから、それまでは第二次性徴期止めるホルモン打つだけ!


てか実際に女の子だったりしてw


大人になってから「なんで私を止めてくれなかったの!?」って叫ばないでくれよ


この「自分の本当の性別が違う」って感覚ばっかりは、トランスジェンダー本人にしか分かってもらえないからなぁ・・・


甥っ子が3歳くらいの頃、よくドレスを着たり、化粧ごっこしたりしてたけど、母親や姉の真似をしてただけだったよ

ふつうに女の子にみえる!険しい道のりだろうけど彼女に幸せな結末が訪れますように

リングフィット アドベンチャー -Switch

発売日:2019-10-18
メーカー:任天堂
カテゴリ:Video Games
セールスランク:1
Amazon.co.jp で詳細を見る