ベンジャミン・シュライバーに関連した画像-01

終身刑とは一般に「受刑者の身柄をその死亡時まで拘束する刑罰」とされている。つまり一時的にでも死亡すれば終身刑の刑期を務め終えたと判定されるのではないか。

そう考えた受刑者が出所を求める裁判がアメリカであった。


刑の撤回を求めたのは、1996年に殺人で終身刑が言い渡されたベンジャミン・シュライバー受刑者(66)。

2015年に腎臓結石を患った彼は、敗血症と呼ばれる臓器障害により、アイオワ州立刑務所の独房内で失神し心臓停止。あらかじめ蘇生措置拒否の指示を出していたにも関わらず、搬送先の病院で蘇生されることになったようだ。

その後手術を受けたシュライバー受刑者は「自分の意志に反して蘇生された」と主張。心臓停止は厳密に言えば死んだことと同義なので終身刑を終えたことになる、と続けた。

<海外の反応>


ねーよwwww


すんげー大胆な屁理屈だ


「一時的に死んだから終身刑は終わった」って、とても独創的な議論だとは思うよ


たしかに一度死んだんだし
自由の身にしてやらないとw



こいつの主張は正しいな
ベンジャミン・シュライバーに関連した画像-02


これ認めてしまったら独房内でわざと自殺しようとする人が増えてしまうんじゃなかろうか・・・


常識的に考えて不可逆的な死でしょ重要なのは



終身刑は「死んだ後の日に効力を発さない」とシュライバー受刑者。

しかしアイオワ州控訴裁判所は「説得力がなく法的根拠がない」として彼の訴えを退けた。「受刑者がいまも生きている状態であれば刑務所にいなければならないし、実際に亡くなったのであれば 議論の余地があるケースだ」とアマンダ・ポッターフィールド裁判官は述べた。

<海外の反応>


一生刑務所入ってろwwww


コントかな?


ネタとしては十分面白いよね。こういう考え方新しいし


まぁやってみる価値はあったな


蘇生措置拒否指示がありながら蘇生した奴ら無能すぎ


俺はこいつ出所させてやってもいいと思うぞ。自らの死をもって刑期は終えたんだし、死ぬ苦しみも十分味わっただろうから反省してるはず


心臓停止じゃ死んだとは認定されないから、とマジレス

実にアメリカらしい
ヒッチャーII/心臓"完全"停止 [DVD]

発売日:2012-04-13
メーカー:ジェネオン・ユニバーサル
カテゴリ:DVD
セールスランク:95090
Amazon.co.jp で詳細を見る

【PS4】DEATH STRANDING【早期購入特典】アバター(ねんどろいどルーデンス)/PlayStation4ダイナミックテーマ/ゲーム内アイテム(封入)

発売日:2019-11-08
メーカー:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
カテゴリ:Video Games
セールスランク:2
Amazon.co.jp で詳細を見る