レイチェル・マッキノンに関連した画像-01

イギリスで19日に開催された「UCI世界選手権大会 2019」にて、レイチェル・マッキノン選手(37)が女子スプリント競技で世界新記録を打ち立て優勝。彼女は7年前までは男性でした。

元男性が繰り返し世界記録を塗り替えていく現実に、プロ選手も不満を募らせています。


男性として生まれたカナダ出身のレイチェル・マッキノン選手は、2012年に女性に移行。2015年頃から本格的に自転車競技大会に出場し、女子アスリートとしての人生を歩み始めた選手でした。

翌年からめきめきと才能を伸ばしていき、数々の大会で優勝。2018年に行われた「UCI世界選手権大会」では200mスプリントで世界記録[35~39歳部門]を樹立し、女子スプリント選手として優勝[35~44歳部門]を果たしています。

そして今年も世界大会で再び世界記録を更新、見事に優勝を決めたのでした。


マッキノン選手
レイチェル・マッキノンに関連した画像-02

レイチェル・マッキノンに関連した画像-03

レイチェル・マッキノンに関連した画像-04

<海外の反応>


いや、お前男やんwwww


完全に男の身体で吹いた


一人だけガタイが違う((((;゚Д゚))))


冴えない男が金メダルを楽に取れるたったひとつの冴えたやり方


女子競技のあらゆる記録はこれからトランスジェンダー女性がどんどん塗り替えていくんだろうな。お前ら人権家は本当にこれを望んだのか?


不公平ってレベルじゃないだろw


いい加減、トランスジェンダー枠作れよ!


女性アスリートに対する侮辱だ
世界の頂点に立つ夢を見て頑張ってきたのに



女子テニスの元王者マルチナ・ナブラチロワさんは「チートだ」と指摘。しかしこの批判に対してマッキノン選手は「トランスフォビアだ。私には女性として参加する人権がある」と応酬していました。

元男性が女子アスリートとして世界記録を塗り替えていく様を「不公平」と考える人は少なくありません。イギリスの女性トップアスリートVictoria Hood選手もその一人で、「トランスジェンダー女性が有利なのは科学的にも明白であり、性別を超えて参加する権利はない」と主張しています。

国際陸上競技連盟(IAAF)は「男性ホルモンのテストステロン値が5nmo/L以下」であれば女子アスリートとしての大会参加を認めています。

<海外の反応>


>女性として参加する人権がある
自分の属さない性別で競う権利なんて誰も持ちえてないんだがwwww


チートやね
レイチェル・マッキノンに関連した画像-05


しかし大会規定に則っている以上ズルではない


ホルモン値が低いからって
体格は完全に男やん



昔はね女子に生まれた人同士で競い合うスポーツ大会があったんだって!


どこがアンフェアなの?いち女性として正々堂々戦って優勝してるのに!勝てないからって文句言うって、ただのやっかみやんw


世界新出したことを素直に喜んであげようよ〜


↑だな。性で悩んでる人に勇気を与えるニュースだよ

ルール上はセーフやし(震
たったひとつの冴えたやりかた (ハヤカワ文庫SF)

発売日:
メーカー:早川書房
カテゴリ:Book
セールスランク:81443
Amazon.co.jp で詳細を見る

リングフィット アドベンチャー -Switch

発売日:2019-10-18
メーカー:任天堂
カテゴリ:Video Games
セールスランク:1
Amazon.co.jp で詳細を見る