ウイグルに関連した画像-01

中国北西部にある「新疆ウイグル自治区」では、ウイグル族を含む多くの少数民族が暮らしています。しかし彼らの先祖代々が眠る墓地が、中国政府によって理不尽に取り壊されているといいます。


フランス通信社(AFP)は、中国上空の衛星写真を調査した結果を公表。

「新疆ウイグル自治区」におけるウイグル族などのための墓地が、過去2年間で30件も取り壊され、子どもたちの遊び場や、駐車場へと姿を変えていることを明らかにしました。

さらには取り壊しの際に剥き出しになった遺体の人骨や、倒壊した墓石などを、そのまま放置しているような写真も確認できたとのこと。中国当局は墓地の取り壊しについて「都市開発や古くなった墓の“統一”のため」と説明。

一方で民族的アイデンティティを根絶しようとしているのでは、と疑念の声も挙がっています。


ウイグル人たちの墓地が更地に
ウイグルに関連した画像-02

<海外の反応>


邪悪すぎるでしょ・・・


相手の民族の歴史的なシンボルを破壊する行為は、その民族を根絶やしにするときに最も有効な手段と証明されている


↑戦前のドイツかよ
チャイナチめ



中国には人権という言葉が存在しないらしい


↑実際に中国国内の人権派の弁護士が、まとめて秘密警察に拉致・拘束された事件あったよな


「新疆ウイグル再教育キャンプ」って施設もヤバいって聞くよ。100万人以上が収容されてるって話


↑知ってる、女性収容者の下半身に唐辛子のペースト塗りつけて拷問してるとこだろ


どうして香港が今も中国政府と闘い続けているのか、よく分かるニュースですね


かつてのナチを彷彿とさせるな。現代版のホロコーストだ


墓の次は、何を奪いに来るんだろうね・・・



五世代にも及ぶ先祖代々の墓を取り壊されたという、オーストラリア在住ウイグル人のNurgul Sawutさん。こうした取り壊しは「単なる宗教的な迫害には留まらない」と語ります。

これはもっと根深い問題です。墓地を壊すということは、その土地に根付いた人々の繋がりを、すべて根絶やしにするようなものですから

こうした中国政府のウイグル族らへの扱いに対しては、国際的な批判が高まり続けています。アメリカは今月7日に、ウイグル人弾圧に関与した疑いのある政府高官へのビザ発行に制限をかけることを発表。また同じ疑いのある28社の中国企業に対しても、禁輸措置を行うとしています。

<海外の反応>


いいぞアメリカ、もっとやれ!!!


「ファ○ク中国共産党」のスローガンを掲げる政治家が出てきたら、永遠に投票し続けてやるのに!


中国が関わってくるニュースにロクな話はねーな!!!


・・・でも、アメリカもかつて先住民に同じようなことやってんだよな


こんな非人道的な国にもペコペコして、大金を落としてもらうためにサービスしているような大企業がいくつもあるんだぜ


ムスリムって結構こういうのに敏感で、めっちゃ聖戦しかけていくようなイメージあったんだけど、今のところウイグルからはそんな話聞かないな・・・


チベット自治区、ウイグル、そして今は香港。中国の魔の手はどこまで伸びるんですかね


もう中国製品買うの止めるわ


・・・でも墓地の上に立てられた公園やテーマパークって単純にイヤじゃね?

中国怖すぎ
キングダム 55 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

発売日:2019-09-19
メーカー:集英社
カテゴリ:eBooks
セールスランク:53
Amazon.co.jp で詳細を見る