トランスジェンダーに関連した画像-01

ローマ教皇庁は、『主が作りし男と女(原題:Male And Female He Created Them)』と題して公的文書を開示。トランスジェンダーに否定的な内容に、批判の声も挙がっています。


本書は「人々が自ら性別を選んだり、変更したりすることは出来ない」と指摘。生まれ持った性こそ「子どもを作ることが出来るという意味で正しい」としており、保守的な意見を固持しています。

しかもこれ『LGBTプライド月間』と世界的に呼ばれている6月に公表されたため、いっそう大きな火種となってしまいました。

イエズス会のジェイムズ・マーティン神父は「この文書は今を生きているLGBTの人々の存在を無視している」と批判を寄せています。

<海外の反応>


法に反していない限り、俺たちには自由に生きる権利があるはずだ


今の法王様も
古臭い堅物になってきちゃったな



「子どもを作ることが出来るから正しい」とは言うが、我らの主は男女で子作りをしなくても生まれてきたぞ。それはいいのか?


これ、もうヘイトクライムじゃない?それぐらいの偏見だよ


まあ人それぞれの意見があっていいんじゃないの


性別とジェンダーは別だからなぁ


正直もう教会の言うことは全然信じてない



当文書はカトリック系の家庭や学校で「子どもに性教育を施すための指針」となるよう、教育省より提示されたものでした。男性と女性のあり方について、”建設的かつ慎重な教育”を子どもたちに施す意図があったようです。

一方で、権利擁護団体『New Ways Ministry』のフランシス・デバーナード代表は、一連の理念を「現代科学に対して全く無知の、時代遅れかつ誤った考え方」であるとコメント。

「性とは外見的特徴だけではなく、遺伝子・ホルモン・脳内の化学物質などに決定付けられるもの。人々は自身の性を選ぶのではなく、人生を通じて発見していくものなのです」と続けています。

<海外の反応>


子どもにこの手の問題をどう教育したらいいのか、って不安は確かにあるね


あれほど性犯罪を起こしてる教会が「性教育が〜」とか言っても、微塵も説得力ないっつーの


いいからペド牧師をどうにかしろよ、お前らは


↑一応言っとくと、児童虐待系の事件を起こしてるのは教会だけじゃないぞ。教師とか警官とかもヤってる


いいか、お前らが公的文書に書くべき言葉はこうだ。「私たちは全ての性的虐待を、迅速に、かつ隠蔽せず、警察に報告します」


勘違いしないでほしいんだが、宗教それ自体は悪いものじゃない。ただ、それを利用する人間がいるってだけなんだ


一度も性犯罪を犯したことのない聖職者だけが、他人に石を投げていいぞ

自分は自分、彼らは彼ら。でお互い尊重しあえればいいんだけどね
はじめて学ぶLGBT 基礎からトレンドまで (スッキリわかる!)

発売日:
メーカー:ナツメ社
カテゴリ:Book
セールスランク:10202
Amazon.co.jp で詳細を見る