サラ・ウィルソンに関連した画像-01

米バージニア州で昨年6月、少女が警察のパトカーの中で死亡する事件が発生。管轄のチェサピーク警察署は「少女は拳銃自殺した」と公表するも、説明は矛盾に満ちています。


サラ・ウィルソンさん(当時19歳)は、違法薬物所持などの疑いで逮捕された直後に警察のパトカー内で死亡。死因は、拳銃で口の中を撃ち抜かれたことでした。

バージニア州の検察医は「拳銃を口にくわえて引き金を引き自殺した」と公表。しかし当時サラさんは背中の後ろに腕を回した状態で手錠をされていたことが判明。また事件当時、周囲には複数の警官がいたことが明らかになっています。

もしサラさんが、どうにかしてパトカー内の拳銃を拾って自殺を試みたのならば、その間にそれを止める人がいなかったのもおかしな話です。なおチェサピーク警察署はボディカメラの映像公開はしない、としています。

<海外の反応>

アメリカ製の拳銃は、なんと後ろ向きに弾が出る仕組みなのだ

↑こういうことか?
サラ・ウィルソンに関連した画像-02

↑それにしたって、手が後ろならそもそも正面にも構えられないけどな

昔、「拳銃で自分を撃った青年が、裸のままダッフルバッグに入り、自分でファスナーを閉めてから死亡した」なんて片付けられた事件もあったなぁ

「自分で自分の背中を70回以上刺して死亡、当局は自殺と判断」ってのもあったな

手錠されたままパトカーを盗んで逃走した、なんて事件もあるし、全く不可能じゃないんだろうな

まあ、体が異常に軟らかいやつはいるし

舌で引き金を引いたのかもよ

ヨガの達人か??



事件は他にも不可解な点が多くある一方で、当局は「拳銃自殺」以外の情報をほとんど開示しておらず、真相は未だ明らかになっていません。今も警察はサラさんの家族にすら事件の詳細を伏せたままのようです。

サラさんの母親は「せめて真実が知りたい。娘を失った事実は変わらなくても、その傷を癒すためにきっかけにはなりますから」と語っています。

情報が明かされない理由のひとつとして、「バージニア州では自殺は犯罪行為とされている」というものがあります。警察が事件として扱うため、規則上、捜査の情報を外部に漏らすわけにはいかないのだと言います。

<海外の反応>

事件からかなり経ってるぞ・・・なんにも明らかになってないのかよ

母親は辛いだろうなぁ・・・

アメリカ人、お前らの国はホントにどうしちまったんだ??

↑それが俺らにもよく分からねえんだ

そもそも逮捕した人間の近くに
撃てる状態で銃を放置するなんて普通あるか?


どうせそのうち、「調査の結果、現場に居合わせた警官の判断に間違いはなかった〜」みたいな的外れなこと言い出す

正直に言っちまえよ。殺ったんだろ・・・?

何が起きたんだ・・
名探偵コナン (96) (少年サンデーコミックス)

発売日:2019-04-10
メーカー:小学館
カテゴリ:Book
セールスランク:1492
Amazon.co.jp で詳細を見る