日本の法律、麻薬に関連した画像-01

ピエール瀧氏の違法薬物使用の容疑による逮捕を受け、海外では「日本社会における麻薬使用のリスクの高さ」に注目が集まっています。


今月12日、ピエール瀧氏がコカイン使用の容疑で逮捕。これに影響を受け、各業界は瀧氏の出演する番組や映像作品、氏の手がけた楽曲の販売中止や代役起用など、対応に追われています。

この騒動に焦点を当て、「日本社会の薬物使用に対する徹底した不寛容さ」が注目を集めています。

例として、アメリカでは麻薬の取締こそあるものの、多くの著名人が薬物使用の経験をカミングアウトするなど、よくいえば寛大な、悪くいえば緩い社会。

一度でも麻薬の使用が明らかになれば、復帰すらも絶望的となってしまう日本の芸能界とは、まったくの対称であると言えるでしょう。

<海外の反応>

日本人が何かに厳しいのなんて、今に始まった話じゃないだろ

ちゃんと医療用に処方された薬なんだけど、日本では麻薬扱いになってたりするんだよな

↑それな……おかげでもう日本いけねーよ

まあ日本人にはアニメがあるからな、ドラッグに頼らなくても生きていける

関係ないけど日本人なのにピエールってどういうことだ?

そんだけ厳しい国なのに、それでも麻薬に手を出す輩はいるんだな

↑そりゃ、「やっちゃダメ」なものに手を出す快感は世界共通だもの。タバコも酒も


出演作品の販売停止や代役起用など、「自粛」を促す世間の風潮は、今回のピエール瀧氏の逮捕に始まったものではありません。

薬物違反に限らず、著名人が何らかの法律を破ってしまった場合、仕事からは干され、復帰するまでに多大な時間と反省を要する―――こうした「自粛」への意識が、日本社会は特に強いというのです。

特に、麻薬に対する徹底した取締への意識は強く、海外のスターたちも、過去に麻薬の使用経験があることを理由に入国を拒否されたり、入国管理局による拘留を受けたなんてことも。

<海外の反応>

正直、日本はまだ優しいレベル。もっと厳しい国は山ほどある

↑シンガポールだと持ち込んだだけで死刑だっけ?

あのさあ、そもそも他所の国に行くのに麻薬なんて持ち込むなよ。お前の家じゃないんだぞ、マナーを守れ

自粛っていうか、そら自社製品に犯罪者なんて起用したらイメージダウンしちゃうしイヤだろ。巻き込まれた企業は災難だったな

日本は好きだけど、暮らしたくはないんだよな。色々厳しすぎる

とりあえず日本旅行はやめとくわ

まあ、「個人よりも社会優先」みたいな風潮はあるよな

ただ単純に、ちゃんと法律を守ろうとしている人が多いだけじゃないの

郷に入っては郷に従え、ってこと
眠れなくなるほど面白い 図解 科学捜査

発売日:
メーカー:日本文芸社
カテゴリ:Book
セールスランク:230790
Amazon.co.jp で詳細を見る

JUDGE EYES:死神の遺言 パーフェクトレポート

発売日:2019-01-18
メーカー:KADOKAWA
カテゴリ:Book
セールスランク:1927
Amazon.co.jp で詳細を見る