イビキに関連した画像-01

同棲中の恋人と口論になった末にショットガンを持ち出して発砲、重傷を負わせた女性が逮捕。
原因は「イビキがうるさすぎること」だったそうです。

米・フロリダ在住のロリー・モーリン被告(47)は、恋人の男性の「イビキがうるさすぎること」について口論していました。アルコールが入っていたこともあり、言い争いは次第にヒートアップ。

その後、銃声を聞きつけた近隣の住民が警察に通報。駆けつけた警官は血だまりの中で倒れている彼氏を発見します。

ロリー被告は、駆けつけた警官に「重たい箱を取り出そうとしていて、いったんショットガンを手渡したところ、暴発してしまった」と事情を説明。

しかし、後に一命を取り留めた彼氏の証言によって、「口論の末に、ショットガンを頭部に突きつけ、発砲した」との真実が明らかに。その行き過ぎた暴行と殺人未遂の容疑で、現在も収監中とのことです。

<海外の反応>

タイトルだけでもうアメリカのニュースだなって分かる

同じ悩みを持つ人間としては、気持ちは分からないでもないわ。裁きが下ったのよ

いや、やりすぎだろ!

彼女はきっと、前から同じことを何度も主張していたのよ。男って生き物は全然話をきかないから

女だって日中ぺちゃくちゃやかましいんだから、男が夜に多少うるさくしてても文句言うな

容疑者の写真みたけど、顔酷いな。寝不足か?

↑そりゃそうだろww

批判してるやつはいっぺん、イビキのうるさいやつと一緒に寝てみろ。話はそれからよ

ロリー被告は、ショットガンを突きつけた事実については認めたものの、発砲は事故だったとの主張は固持。「彼がショットガンを取り上げようとしたときに、勝手に暴発した」のだとか。

恋人の男性は、右わき腹を負傷したものの、すぐに医療用ヘリで搬送されたこともあって命に別状はなし。現在も、容態は安定しているとのことです。

なお供述書には、「ロリー被告は取調べの間、顔を覆うなどして悲しむそぶりはみせたものの、実際には一滴も涙を流していなかった」と付け加えられています。
<海外の反応>

判決の結果によっては、ウチにもショットガンが必要になるわね

正直よくやったわ

次からは撃つ前にちゃんと警告しような

家にはショットガンがなくて本当によかった

イビキをやめられない人間にとっては肩身の狭い社会だ……

慢性的な寝不足だと、考え方が短絡的になってしまうんだなってよく分かる

監獄にはイビキかくやつがいないといいな

きっと彼氏によく眠って欲しかったのよ

ガチのイビキは死活問題

40文字でわかる 銃の常識・非常識

発売日:2018-01-12
メーカー:パンダ・パブリッシング
カテゴリ:Book
セールスランク:412306
Amazon.co.jp で詳細を見る