両腕のない水泳選手が父親を刺すに関連した画像-01

イギリス南西部のカーディフで、両腕のない元水泳選手が父親を刃物で刺す事件が発生した。


生まれつき両腕のないローリー・オコナー被告(23)。

彼は日頃から足の指のあいだにハサミの刃を仕込み、持ち歩いていたようだ。

当然のように両親はそれを心配。そして昨年11月、ついに武器のことで親子喧嘩になってしまった。父親に押されたローリー被告が勢いよく足を振り上げると、足に仕込んだ刃が父親の腹部に直撃。傷は深く、父親は手術を余儀なくされてしまった。

<海外の反応>

怪我したパパには申し訳ないが
記事タイトルになんか笑った


つーか日頃から刃を足で持ち歩くってどんな状況やwww

↑本当聞きたいことだらけだよ!

いつも裸足で歩いてたのかな?

ソース先には「ハサミの刃を一本持ち歩いてた」と書かれてあるが、腕がないのにどうやってハサミを分解したんだ?

読めば読むほど理解不能になっていく不思議w

父親「ハッ!お前には刃物は役に立たんよ、試しに蹴ってみるか?笑」→息子、蹴る



ローリー被告は学生時代は成績もよく、またサッカーをしたり、障害者向けの水泳大会に出場したりと、困難にも勇敢に立ち向かう子だったようだ。今回はカッとなり犯行に及んでしまったが、父親を傷つけたことに「大変ショックを受けている」と話した。

父親ケヴィンさんも「今後も息子を親身にサポートしていきたい」と言及。

そのためローリー被告の判決は比較的軽いものに。100時間の無償労働とリハビリを含む、12ヶ月の社会奉仕活動を命じられた。

<海外の反応>

前コメにもあったが、記事タイトルがごちゃごちゃしてて笑うわ

犯行の様子を激写
両腕のない水泳選手が父親を刺すに関連した画像-02

本当はええ子っぽい(*´ω`*)

まぁ妥当な判決かな

なるほどサッカーしてたから
蹴りも上手だったんだろうな


アメリカだったら「アーム(武器・手)」を持てたのにな!

指紋ついてなければ彼がやったという物的証拠はないのではないか

普段から足に刃ってなんか修行でもしてるのかw?
キングダム 53 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

発売日:2019-02-19
メーカー:集英社
カテゴリ:Book
セールスランク:1
Amazon.co.jp で詳細を見る