リチャード・メイソンに関連した画像-01

21年間も手塩にかけて育ててきた子供が、実は自分とはまったく血の繋がっていない子だったら・・。あるイギリス人実業家の話が注目を集めている。


イギリス人実業家のリチャード・メイソンさん(55)は2016年、先天性の男性不妊ーつまり生まれつき子供を生むことができないー身体であることが判った。

しかし彼には、10年前に別れた妻ケイトさんとの間に3人の息子がいたのだ。

一番上は当時21歳で、まさか他人の子供であるなど考えもしなかった。しかしDNA鑑定の結果、上の子供2人と自分とには血の繋がりがないことが判明。愛してきた子供が自分の子ではないと知り、ショックですべてが崩れ去った瞬間だった。

そこで彼は元妻ケイトさんに対して、離婚慰謝料の返還を求めて訴訟を起こした。

<海外の反応>

お父さんも子供も可哀想すぎるだろ

泣いた

21年も頑張って育てたんだ、誰がなんと言おうとあんたが父親だよ(´;ω;`)

こんな裏切りはないわ・・

鬼嫁ってレベルじゃないだろ
なぜこんな酷いがことできるんだ?


不妊のこと言った医者が悪いと思うの。奥さんは被害者よ

彼が怒るのは当然だけど、元嫁を訴えるなんてケツの穴小さいわね!DNA鑑定なんか無視して子供との信頼関係を取り戻すの優先しなさい!



メイソンさんが2008年に支払った慰謝料の額は、一時金として400万ポンド(約5億5,130万円)。その後も元妻には養育費の追加支払いを要求されていたようだ。

そしてついに決着がついた。元妻ケイトさんは本当の父親は明かさないという条件付きで、慰謝料の一部25万ポンド(約3,450万円)の返還に応じたのだ。

なおケイトさんが初めて子供を授かった際、彼女はとつぜんユダヤ教に興味を持ち始め、子供全員のミドルネームにユダヤ人の名前をつけるよう強く望んだようだ。メイソンさんは「これが本物の父親の手がかりだろう」と考えている。

結婚して数年目のメイソンさんと元妻ケイトさん
リチャード・メイソンに関連した画像-02

<海外の反応>

結局5億円ぶんどられて終わり?マジで女は怖い\(^o^)/

男女平等と聞いて呆れるわ

でも子供を育てるチャンスをもらえたんだから、元嫁には感謝すべきだと思うわ!不妊の彼にはもう二度と出来ないことよ!

↑こういうコメントを含めて悲しいわ

たった3500万円しか返さないの?
最低5.5億円は賠償してあげろよな!


ただ離婚の慰謝料と今回の詐欺行為は別件だからな。法律的に女が有利なのはどうしようもできないよ

↑だが離婚時にこれが分かってたら
5.5億円の慰謝料なんか請求されなかったが?


鬼嫁やな

結婚怖いお((((;゚Д゚))))
離婚してもいいですか? 翔子の場合 (コミックエッセイ)

発売日:2018-04-13
メーカー:KADOKAWA / メディアファクトリー
カテゴリ:eBooks
セールスランク:3796
Amazon.co.jp で詳細を見る

逆転裁判123 成歩堂セレクション コレクターズ・パッケージ - PS4

発売日:2019-02-21
メーカー:カプコン
カテゴリ:Video Games
セールスランク:1270
Amazon.co.jp で詳細を見る