レッドデッドリデンプション2に関連した画像-01

徹底したリアリズムが好評のオープンワールドゲーム『レッドデッドリデンプション2』。

本作の舞台は1899年のアメリカ、女性が参政権を得る20年前ということで、街中で婦人参政権を求める女性の姿が描かれている。そこでユーチューバー・Shirrako氏は、このフェミニスト女性を様々な方法で殺害する動画を投稿。これが物議を醸しているようだ。


本作では女性参政権を訴えるフェミニストの姿が
レッドデッドリデンプション2に関連した画像-02

そこで彼女をひっ捕らえ、
レッドデッドリデンプション2に関連した画像-03

ワニや豚の餌にしたり
列車に轢かせる動画を投稿した
レッドデッドリデンプション2に関連した画像-04


これらの動画には批判が殺到。

YouTubeは「不当な暴力・ヘイトスピーチにあたる」としてShirrako氏のアカウントを停止処分にしたが、同氏は「男性を殺しても一切無視なのに女性だとBAN、YouTubeは気でも狂ったか?」と反論。

いまではアカウント復活&問題の動画も閲覧可能に
なっている。

<海外の反応>

うっわ・・

ゲームでNPC殺したらBANされんの?
それおかしくね?


↑というより女性嫌悪を広めたって意味でBAN処分だろ。フェミニストだけを抽出して動画にした投稿者に悪意があるのは明白じゃん

こういうのがあるから女性への差別が絶えないのよ!BANも当然よ!

なんとも悲しいねぇ

この人KKK(白人至上主義者)殺す動画とかもあげてるけど、それはいいの?

こんなので喜んでる男どもにはヘドが出るわ!!

男は人類のクズ、これ確定

これただのゲームだよ・・?



Shirrako氏は『レッドデッドリデンプション2』で「中国人をフルボッコにする」「ヒトラーをグーパンで崖から突き落とす」など多岐に渡って動画を作っているが、フェミニストの動画だけが槍玉に挙げられたことに疑問を感じているようだ。


この騒動を報じた海外メディアViceは、こう批判を展開した。

「開発元ロックスターは、プレイヤーが子供を殺せないという非現実的なシステムを本作に採用したにも関わらず、フェミニストは殴っても殺しても良いようにしたのだ。現実に起こる暴力が全てゲームのせいだとは言わないが、人々にフェミニストを殺す役割を演じさせ、その動画を利益目的のために投稿させ、コメント欄で女性嫌悪を煽ることを許す文化的基盤は、暴力が起こる一因だと思う」

<海外の反応>

暴力ゲームは人を暴力にする、これは正解だね

ゲーマーって本来差別主義者だから。現実社会で発散できないからゲームしてる根暗ばっかだよ

↑それは偏見やろ

こんなんだから殺人ゲームは嫌なんだよ

これを面白いと思って見てる奴はヤバイよ。もはや憎悪を広めてるだけだもん

永久BANでも良かったと思う

俺は投稿者に同情するわ。ゲーム内容に文句あんならロックスターを禁止にしろよ!それも出来ないくせにYouTubeは出しゃばんなって

これみて改めて思った。成人向けゲームは子供にやらせちゃいかん

動画見てきたけどこれはアウトだよ
レッド・デッド・リデンプション2【CEROレーティング「Z」】 - PS4

発売日:2018-10-26
メーカー:ロックスター・ゲームス
カテゴリ:Video Games
セールスランク:8
Amazon.co.jp で詳細を見る

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch

発売日:2018-12-07
メーカー:任天堂
カテゴリ:Video Games
セールスランク:1
Amazon.co.jp で詳細を見る