任天堂ゲームがトルコで販売開始に関連した画像-01

トルコでは実に7年ぶりに任天堂製品の販売が開始されることになった。

任天堂の公式代理店『CD Media』が主力商品となるニンテンドースイッチや専用ゲームソフトの価格を発表したが、あまりに高価だとして物議を醸している。


価格表

ニンテンドースイッチ本体:2,799リラ(約5万円)
ニンテンドースイッチ向けソフト:360〜400リラ(〜約7千円)
Joy-Con(L/R):559リラ(約1万円)
Proコントローラー:500リラ(約9千円)


ちなみにトルコ人の平均月収は2,190リラ(約4万円)。

ソニーのPlayStation4 Proが2,498リラ(約4.5万円)で販売されていることを考えると、ゲーム全般というよりも任天堂製品だけが異様に高いようだ。

<海外の反応>

平均月収超えワロタ

発表時は本体価格2400リラだったらしいが、為替の影響で値上げだってよwwww

↑販売店Bekoで確認したが
マジで今日2800リラに値上げしてた


マンマミーア
任天堂ゲームがトルコで販売開始に関連した画像-02

ふざけるな任天堂!!!

平均月収3300ドル(約36万円)のアメリカ人が46万円払うような感覚か・・・

任天堂は悪くないだろ(笑)こりゃ代理店が相当ぼってるよ

久しぶりの任天堂ハード発売なのに
ボッタクリ価格でユーザーを遠のかせてどうすんの




以前の代理店『Nortec』は財政上の理由で任天堂製品の取扱を中止に。そのため、トルコ国内ではニンテンドー3DS XL/WiiU/newニンテンドー3DSの販売が見送られていたようだ。

しかしニンテンドースイッチの世界的人気もあり、新しい代理店が決まったのだろう。

この本体2,799リラ(約5万円)という価格設定がどう影響を及ぼすのか、注目を集めている。

<海外の反応>

前コメにあったが、本当2800リラ(約5万円)だったんだけど・・・
任天堂ゲームがトルコで販売開始に関連した画像-03

これマジなら普通に個人輸入するわwwww

ブラジルも凄いが、トルコもなかなか

トルコ\(^o^)/

任天堂製品が安く買えるのは日本と北米だけだよ。他はディストリビューターがマージン取って好き放題やってるからな〜

↑任天堂も商売に本腰入れてない市場は見て見ぬふりしてるからなー

メキシコでもスイッチ発売時は500ドルぐらいしたよ
今でこそ300ドルに落ち着いてるが

たけぇw

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch

発売日:2018-12-07
メーカー:任天堂
カテゴリ:Video Games
セールスランク:1
Amazon.co.jp で詳細を見る