エリック・ハガーマンに関連した画像-01

米オハイオ州グロースターに住む、エリック・ハガーマンさん(53)が話題です。

一昨年前に行われた米大統領選におけるドナルド・トランプ氏の勝利は彼にとって悪い意味で衝撃でした。そこで遺憾の意を表明するため、メディアに一切触れない「ニュース情報の完全封鎖」を実践することにしたのです。


2016年11月8日からメディアを完全にシャットアウトしたハガーマンさん。

トランプ氏が大統領に当選してからというもの、彼は国内外で起きている事件や政治について一切無関心に。知ることを拒む努力をしながら生活してきました。

「これまで何十年もニュースを追いかけてきましたが、結局それで自分が何か行動を起こしたことはありませんでした」とハガーマンさん。かつてはNike幹部として情報戦略を担っていましたが、今では情報消費の無意味さに気付いたと言います。

さらにはトランプ大統領の就任が彼に追い打ちをかけることに。人里離れた場所の牧場を購入してからというもの、一切情報を遮断しつつ静かに独り暮らしています。

<海外の反応>

極端すぎワロタwwwww

トランプのせいでアメリカむちゃくちゃになって面白いのに。こんなショーを見逃すとかどうかしてるぜ!
giphy

おっさん「あー聞こえないー聞こえないおー」

大統領がイヤすぎて情報封鎖するとかガキかよwww

クソ記事ばっかが盛り上がってる昨今だし、こいつの判断は正しいよ

↑そりゃ消費し過ぎは有害だが
一切ニュースを遮断するのもヤバイだろ


>情報消費の無意味さ
どうせニュース聞いても自分には何も出来ない。それってわりと真理だと思うが



ニュースを一切見聞きしない生活というのは想像以上に大変なものです。

30分離れた街のカフェに行く際は、他人の会話が聞こえないようヘッドホンを装着。音楽だと社会風刺した歌詞などが出てくる可能性があるので、絶えずホワイトノイズだけを流す徹底っぷり。

家族が訪問するときも厳格な約束を交した上で、かんこうれいが敷かれます。


そんなハガーマンさんが日課にしていることは、荒れ果てた土地を蘇らせるため体を動かすこと。

ニュースを聞かない自分へのいわば”罪滅ぼし”なのでしょう。「自分がニュースを消費したところで社会が良くなるわけでもない。だけどこの土地を再生し、未来に託すことができれば世界は変わるかもしれない」と信じて生活を続けています。

ニュースを一切遮断しているハガーマンさん
エリック・ハガーマンに関連した画像-02

<海外の反応>

最近の若いもんはーと思って記事開いたがバリバリのおっさんやんけwww

トランプ大統領の誕生がツライのは分かるが
これはただの現実逃避じゃね?


きっと心穏やかに暮らしてるんだろうなぁ〜

「便りがないのは良い便り」とは言うけどさぁ・・・笑

「知らぬが仏」ってやつだな

俺もしてみたいが、こんな生活続けてたら究極のヒト嫌いになりそう

↑他人に煙たがれるのは確実だろうなw

すげぇ人だな

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことをシンプルに伝える技術

発売日:
メーカー:SBクリエイティブ
カテゴリ:Book
セールスランク:759
Amazon.co.jp で詳細を見る


ユルク関連する記事

人類初の快挙!「誰にも言わずマラソンを走った」女性が現れ、海外で大絶賛wwwwww
【悲報】世界各国の魔女たちがトランプ大統領に呪いをかけるため集団儀式を開始wwwww
「ココアは茶色の牛から絞った牛乳」だと信じる米国民は1640万人、最新調査で判明wwwwww