サラ・グラスに関連した画像-01

ニュージーランド北島・ホークスベイに住む女性がとった「とっさの行動」が注目を集めています。なんと、ステーキを喉につまらせた彼氏の喉元をカッターナイフで切り開くことにしたのです。


彼氏と浜辺でバーベキューを楽しんでいた、助産婦サラ・グラスさん(45)。

しかし突然、彼がもがき苦しみます。なんと食べていたステーキ肉が喉に詰まり呼吸が出来なくなってしまったのです!喉元のステーキは完全に気道を塞いでおり、窒息死するのは誰の目にも明らかでした。

そこでサラさんは容赦なく恋人の喉元を鋭利なカッターナイフでブスリ

このとっさの判断が彼の命を救うこととなります。

<海外の反応>

やべぇwwww

うっは!記事読んでるだけで呼吸が止まりそうになったわw

考えるだけでも痛すぎる(´;ω;`)

下手したら喉元切って殺してたんじゃね?

女性は土壇場で強いよな
俺なら何もできずに見殺しにしちゃう


喉に食べ物が詰まるって本当恐ろしいよ。いつでも誰にでも起こり得ることだし。。

俺も喉に食べ物詰まらせた人がいたら刃物で切り裂きにいくわ!

↑サイコパス乙!通報しますた!



実はサラさんは過去、気道切開に関する文献に目を通したことがありました。

そのため冷静にカッターナイフを使い気道を確保。緊急用の分娩キットが手近にあったので、酸素ボンベとチューブを使い、穴を開けた気管に空気が送れるよう手際よく処置したのでした。

彼の顔には血色が戻り、その20分後にようやく救急車も到着。


「気管切開しか方法はなかった」とサラさん。刃物を刺すかどうか少しでも迷っていたら、酸欠により脳にダメージが残っていた可能性もあったのだとか。男性は順調に快方へと向かっているようです。

とっさの判断で命拾いした男性とサラさん
サラ・グラスに関連した画像-02

<海外の反応>

ステーキを詰まらせた男性の喉元を切り開いた、って猟奇的な殺人事件だと勘違いしたわwww

軽く記事タイトルに釣られた感があるが、
まぁ男性は助かったし良かったかな


彼女「チッ、まだ生きてやがったか」

気道切開の本を読んだことあるからって実際に試せるもんなんかね?

一か八かで失敗したら加害者になりそうだしね
ただ助産婦として「やるべき」と感じたんだろう


↑まったく偉い人だよ!!

ウム、良い判断だ

すごい女性だ((((;゚Д゚))))
オルファ(OLFA) 小型カッターA+ 215B

発売日:2012-09-21
メーカー:オルファ
カテゴリ:Home Improvement
セールスランク:95
Amazon.co.jp で詳細を見る

1ポンドステーキ迫力のボリューム柔かなロースの牛肉450g熟成牛肉 訳あり 業務用 簡易包装

発売日:
メーカー:サンエイオンラインショップ
カテゴリ:Grocery
セールスランク:5092
Amazon.co.jp で詳細を見る


ユルク関連する記事

「大便のときに刃物を使わない人がいることを初めて知った」 ある男性の告白に海外騒然
【世紀末】日本刀や長剣を外で持ち歩くことを許す法案がアメリカで通過wwwwwww
美人医大生、彼氏をナイフで切りつけるも将来有望で自由の身に! 「顔バレしてるからクラブにも行けない」とグチる余裕も