メリンダ・パベイに関連した画像-01

オーストラリアの政治家がある驚きの”過労運転防止対策”を出したとして話題だ。

なんと、運転手が居眠り運転の兆候を見せた際には「電気ショックを与え感電させれば良い」と提案。同国では大型トラックによる死亡事故が相次いでおり、それを食い止める手立てとして議論がされている。


オーストラリア南東部のニューサウスウェールズ州では、大型トラックの衝突による死亡事故が多発している。

2017年は一昨年前に比べ、トラック事故による死者数が45%も上昇。つい先週も、トラック運転手3人ならびに乗用車運転手2人が死亡する事故が立て続けに起きていた。

そこで同州のメリンダ・パベイ運輸大臣が17日、豪ABCラジオに出演。

彼女は「テクノロジーの発展により、2秒以上フロントガラスから目を離した運転手には座席から電気ショックを与えることも可能になった」と言及。様々なデバイスで居眠り運転を防ぐ対策を語ったのだ。

<海外の反応>

ワット!?

これは酷いwwww

運転中の電気ショックとかwww絶対死人出るwwww
メリンダ・パベイに関連した画像-02

微弱な電気ショックでも心臓弱い人にはツライだろ
事故云々の前に感電死もありえるで


きちんと労働環境を整えてあげれば済む問題じゃないの?

文字通りショッキングな提案ですね

政治家の椅子にも電気ビリビリつけようずw
あいつらいつも居眠りしてるし



この非人道的かつ表面的で中身のない解決策には多方面から非難轟々だ。

オーストラリア労働組合委員会(TWU)のリチャード・オルセン副大臣は「血も涙もない、傲慢で、とても何の役にも立たない対策だ」と糾弾。

さらに「根本的な問題は過酷な労働環境にあるのであって、(電気ショックを与えて起こすという方法は)事故で亡くなった犠牲者や遺族の方々にも失礼だ」とも一蹴した。

一方パベイ運輸大臣は、居眠り運転を防ぐための仕掛けは必要とした上で、「利用可能な技術について腹を割って話し合えないのは問題だ」と反論している。

<海外の反応>

>根本的な問題は過酷な労働環境にある
だが、それを改善するのは会社としてもコストがかかりすぎる。だから電気ショックかますってのは1つの案だと思うよ?

トラックの運ちゃん・・無事でありますように・・・

電気ビリビリ面白いじゃん。どうしてこんな”抵抗”にあうのかな?

↑いや、さすがにこれはふざけた案だろ
否定派の”ボルテージ”も高まるはずだよ


早く自動運転時代が到来すれば良いんだが

記事タイトルに「感電させる」とあるが、電気ショックの間違いだろ。感電はアカン

運転中のビリビリは人によってはマズイでしょw
オムロン 低周波治療器 ホワイト HV-F022-W

発売日:
メーカー:オムロン(OMRON)
カテゴリ:Kitchen
セールスランク:544
Amazon.co.jp で詳細を見る

常盤薬品工業 眠眠打破 50ml×10本

発売日:
メーカー:常盤薬品工業
カテゴリ:Health and Beauty
セールスランク:6087
Amazon.co.jp で詳細を見る


ユルク関連する記事

学歴が高く有能な人ほど運転免許試験で合格しにくいことが判明! 中卒の一発合格の割合wwwww
自動運転車は通行人を殺すべきか、運転手を殺すべきか。メルセデスがこの究極の選択に恐ろしい回答をつきつける
【怖すぎ】オーストラリア政府が「車にはねられても助かる人間」を本気で作ってみた結果wwwww