母親の遺灰を食べるデブラ・パーソンズさんに関連した画像-01

イギリス南東部フォークストン在住のデブラ・パーソンズさん(41)は、今年一風変わったクリスマスディナーを計画しています。今年5月に亡くなった母親を追悼するため、彼女の遺灰を使い豪華な料理に味付けをするのだとか。

クリスマスは特別になる、と毎日欠かさず遺灰を食べてきた二児の母親は話しています。

今年5月にこの世を去った母親ドリーン・ブラウンさんを弔うため。デブラ・パーソンズさんはスプーン一杯の遺灰を食べるのを日課としています。

そして特別なクリスマスが近づくにつれ、遺灰で料理の味付けをしたいと思い始めたのです。

「自分のことを変人扱いしたり、バチ当たりだと思う人もいるかもしれません。でも自分は良いことだと考えています。遺灰を食べることで、今でも彼女が私の中で生き続けているのが感じられるのです」と告白しています。


母親の遺灰を食べるパーソンズさん
母親の遺灰を食べるデブラ・パーソンズさんに関連した画像-02

<海外の反応>

やべぇ奴出てきた((((;゚Д゚))))

おいおいおいおい

この記事には写真いらないですから(泣)

食べて母親を思い出すのはいいけど、結局トイレに下水と一緒に流れることになるのは良いのか?

↑ケツの穴から出てくる母親の身にもなってみやがれwwww

遺灰を毎日食べるってさ
故人に対して失礼だと思うの


カウンセリング受けろよな・・



「キッカケは衝動的なものでした。遺灰のついた指を舐めたのですが、口の中にはチョークのような舌触りと塩味が広がり、とても安らかだったのを覚えています。自分でもおかしいのは分かっていますが、母の死後初めて、安らぎや安堵を感じたのです」

クリスマスは愛する人とより親睦を深める時期なので、ただ食べるだけでは物足りません。

メインの七面鳥はもちろんのこと、デザートにも母親の遺灰をふりかけて命を噛みしめたいと話しています。

クリスマスプディングも遺灰で味付け
母親の遺灰を食べるデブラ・パーソンズさんに関連した画像-03

<海外の反応>

人間ってやっぱ怖い生き物だわwwwww

フェイクニュースでありますように。フェイクニュースでありますように。。!

なんか美談っぽくまとめてるが頭おかしいって

別に遺灰食べるのはいいけど、
それを全国紙で見せびらかさなくて良いから


↑本当、どこからこういうニュースを引っ張ってくんのか謎だよな

自分の遺灰が子どもに食べられると考えたら・・うん、さすがに親族でも気持ち悪いわw

塩味なら調味料としても使えるかもしれませんね!(白目
母親の遺灰を食べるデブラ・パーソンズさんに関連した画像-04
伯方塩業
売り上げランキング: 1,041



ユルク関連する記事

死者を食らうインドのカルト集団「アグホリ」を取材した学者、人間の脳を食べさせられ半泣きに・・
アメリカの探検家が人類未踏の「呪われた都市」を発見!→ 顔面が腐り落ちてしまう奇病を発症・・・
北欧がついに壊れた!ヤギに「クリスマスソング」を歌わせたアルバムが大好評!雰囲気ぶち壊しでうるせえwwwwwww