サルとシカの性行為に関連した画像-01

鹿児島県の屋久島で今年1月、サルとシカとの極めて珍しい異種間交尾が話題に

あれは本当に性的なものだったのか。調査を進めたカナダの研究チームが大阪のサルも同じような行動に出たことを確認。「日本のサルとシカだけに観察される”新しい文化的行動”だ」と結論づけています。


近縁種同士の交配は動物界でよく見られますが、屋久島のサルとシカの交尾は前例のないものでした。ただ行為に及んだ時間は短く、またその意図も判然としません。

そこでレスブリッジ大学の研究チームが大阪の箕面市で調査を実施。

すると、2014年11月~翌年1月までに若いメス猿が合計258回オス鹿に乗り、13回下半身をこすりつける性的行動に出たのが確認できたのです。

これら一連の出来事は、サルが性的な衝動に突き動かされてシカに近づいていたことを研究者たちに確信させるのに十分でした。

Monkey deer mounting Leca, Gunst

<海外の反応>

一生知らなくてもいい事実ってあるだろwwwww

「シカしなんてこった」
サルとシカの性行為に関連した画像-02

これ定義としては”獣姦”なのだろうか

↑ウェブスター辞典には「人間と動物との性行為」とあるから違うんじゃねw?

交尾してるかと思ったが、単なる自慰行為じゃん
まぁ相手を性対象として見てるって事実には変わらないが


まぁ生殖には結びつかない性行為ってことだよな〜

これはまだ前戯にすぎないよ・・本当におぞましいことは日が落ちてから行われるんだ・・・

てか、日本のシカは”shika deer”って言うんだね。これじゃぁ”シカシカ”になると思うんだが



なぜ屋久島や箕面のサルがシカ相手に性行為を行っているのかは不明とのこと。

ただ、オス猿に拒否されることが多いため、交尾の練習をするため、攻撃的なオス猿との性交渉よりも安全であるため、といった可能性が指摘されています。

「日本のサルとシカは”新しい文化的行動”を獲得し始めているのだろう」と指摘するのは、仏・ストラスブール大学のセドリック・シュウール氏。

今後この”文化的行動”は廃れてしまうのか、それともシュウール氏が予測するようにますます広がっていくのか。世界の研究者が注目しています。

<海外の反応>

やめてあげてwww
サルとシカの性行為に関連した画像-03

屋久島のは誰が見ても交尾だったろ?なぜまた調査したんだ!?

↑あれが気まぐれの行為なのか、性的な衝動か、一例だけでは区別が付かないからな。今回ので日本のサルは変態揃いっだったって証明されたんだよ

持つべきものは良い友人ですね!

変な子どもができないんであれば別に何してもらっても構わないかなーとは思う。シカさんも嫌がってないし

むしろ何されてるか気付いてないという説も(震

優しいサルさんが背中を掻いてくれてる、って思ってそうwwww

文化的行動とは
動物において、特定の個体群あるいは集団だけに観察され、かつ世代を超えて伝承される行動。例えば、チンパンジーの果実割りの行動、イギリスのカラ類に見られる牛乳瓶の蓋開けなど


ユルク関連する記事

【衝撃】女の子が巨大アシカに捕まり、海に引きずり込まれる動画が恐怖! トラウマ不可避ってレベルじゃねぇ!!
サル12匹が一斉に心臓発作で突然死、理由は「トラが恐ろしかったから」(´;ω;`)
『スプラトゥーン2』に隠された卑猥なテーマを女性記者が指摘! 全然子供向けのゲームじゃなかった・・・