ペッパピッグ(Peppa Pig)に関連した画像-01

イギリスの子供向け人気アニメ『ペッパピッグ(Peppa Pig)』。

やさしい家族や友達に囲まれて楽しく暮らすブタの日常を描いた作品なのですが、クモと遊ぶエピソードが「不適切」だとしてこのほどオーストラリアで放送禁止になる出来事がありました。


『ジョージとあしながクモくん』というエピソードでは、クモを恐れる女の子・ペッパが父親に「クモはとても小さいから何もしやしない」と教わるシーンがあります。

それを聞いたペッパはクモをベッドに寝かしてあげたり、紅茶を飲ませてあげたり。

クモとの友情を描いた”他愛ない”エピソードでしたが、オーストラリアではこれが問題視されることに。子供たちに「クモは怖くないという不適切で無責任なメッセージを送ってしまう」との批判が相次いだのです。

オーストラリアで不適切認定されたシーン
ペッパピッグ(Peppa Pig)に関連した画像-02

<海外の反応>

オーストラリアでこの描写はアカンwwww

殺人クモが普通に自宅の裏庭とかにいる国だもん。放送禁止は妥当すぎる

良く考えると怖いことですよね・・
近所の子も「ヘビは優しい」ってアニメで見て言ってたが・・・


「こんな理由で放送禁止はあり得ない!」とは言わない豪国民であったwwww

まぁ元々イギリスの子供向けに作られたアニメですしw

アニメを世界に輸出する国は特に
こういう部分もしっかり考えてもらいたいですね


↑じゃぁそもそもブタが服来て話してるのはいいのかと(笑)




オーストラリアに自生するクモの中には猛毒を持つものが多く存在します。ペッパの父親の「とても小さいから何もしやしない」は当てはまらないのです。

去年には『アシダカグモ』がネズミを捕獲、壁をよじ登る動画が公開され人々を恐怖に陥れました。さらに2000〜2013年のあいだに1万2,600人がクモに噛まれて病院に搬送された、とするデータもあります。

オーストラリア放送協会(ABC)は「オーストラリア国民には不適切」として同エピソードの放送禁止を決定。今後もこの回だけは国内での放送が出来ない、と英紙ガーディアンが報じています。

<海外の反応>

>『アシダカグモ』がネズミを捕獲
この画像のやつな・・・ガチで鳥肌立ったわ・・・・

シドニーにいる息子は「子供たちには絶対に裸足で庭に出さない」って言ってたぐらいだしなぁ〜

前コメにもあるが、この放送禁止だけは普通に納得いくわ

クモと仲良くなる描写がまずあり得ない!
炎で焼き尽くしてくれるわ!


オーストラリア版だけ「クモはとんでもねぇ野郎だぜ、焼き払っちまいな」ってセリフ替えれば良くね?w

↑アニメ変わってくるだろwwww

ガチで危ないもんねww
蜘蛛ですが、なにか?(3) (角川コミックス・エース)

発売日:2017-06-09
メーカー:KADOKAWA / 角川書店
カテゴリ:eBooks
セールスランク:2969
Amazon.co.jp で詳細を見る