iFindに関連した画像-01

インターネットで一般個人の協賛者を募り、資金を集めることができるクラウドファンディング「キックスターター(Kickstarter)」。このサイトで今、『iFind』という、ひときわ注目を集めているプロジェクトがあるのをご存知でしょうか


10円玉ほどの大きさしかない『iFind』。
iFindに関連した画像-02

この中にはBluetoothが埋め込まれているため、スマートフォンとの連携が取れるようになっています。財布や家の鍵など失くしやすいものにこの『iFind』をつけておけば、アラーム音を頼りに、どこにあるのか一発で見つけることが出来るというわけでなのです。
<海外の反応>

えっと・・・携帯の方ではBluetoothがオンになってないんだがwww

↑なのにタグが紐付けされてるなw

そもそも実際に動く試作品もまだないんだろ?これは怪しすぎる・・・

位置を教えてくれる無線タグの『iFind』ですが、一定距離を離れるとスマホのアラームがなるように設定することも可能。忘れ物やスリ防止に有効ですね。
iFindに関連した画像-03

そして、なんと『iFind』には電池が必要ありません。電磁エネルギーを独自のバッテリに蓄える設計になっているため、充電をしたり、電池交換する紛らわしさもないのです。タグの検出範囲は60m、もう「あれがない!」といったことは二度となくなります。
<海外の反応>

Bluetoothだとアイドル時でも結構電力消費するだろ?電池いらないとか無理じゃね?

「独自のバッテリに蓄える」って、仕組みに関して他は一切説明しないのかよ・・投資家相手だと相手にもされない文言だろこりゃwwww

すごい発明にはそれなりの証拠というものがいるんだが・・

特許を取得中ってあったから開発者の名前でググってみた。ここにある特許によると、BluetoothじゃなくてRFIDチップ(日本では電子マネーやSuiCaなどの乗車カードで使われるICタグ技術)を使ってるみたい。たしかRFIDって電池不要だったと思うからピッタリじゃね?

↑やっぱりそうか。バッテリなしでbluetoothが動くわけねーもんな

↑つまり、携帯のそばにあれば電波エネルギーを吸収できるって感じかな?

おそらくだが、RFIDを改造してBluetoothで動く仕組みにしてんだろ。

スマホがなくなったらどうするかって?
iFindに関連した画像-04

『iFind』を振ってみて下さい、スマホが自分の位置をアラームで知らせてくれます。
<海外の反応>

前にも同じようなプロジェクトがあったみたい、こんなの見つけた

↑最新のレビューコメントを拾ってみた。「3つ買ってみたが、どれもうまく動かない。いつも接続が途切れ、検知できないことが多い。この商品にはすごくガッカリ」「宣伝通りに動かない。iPhoneから30cmしか離れてないのにアラームがなってる」「これだけボッタクラレタと感じたのは初めてだ。こんなんだから今までクラウドファンディングには投資してこなかったんだ!」こりゃ香ばしいwwwww

【追記】
このキックスタータープロジェクトですが、実現性が怪しいということで、取り消し処分になったようです(参考元:2014/07/10)。