ビッグフットに関連した画像-01

米ノースカロライナ州で今月4日、アパラチア山脈の森奥深くを深夜徘徊していたシャーマン(呪術者)が未確認生物”ビッグフット”に間違えられる出来事がありました。


Gawain MacGregor氏は「動物の毛皮を身に着け儀式をしていただけ」と供述。

目撃者はこのビッグフットの特徴を「身長2.4m、人間には到底及ばないスピードで動いていた」と報告していたのですが、単なる勘違いだったようです。

この山脈付近では”ビッグフット”目撃例が相次いでいますが、その大部分が儀式中のMacGregor氏だったのかもしれません。地元警察は「ビックフットを見かけても絶対に撃たないように」と警告しています。


深夜徘徊中「ビッグフット」に間違えられた呪術者
ビッグフットに関連した画像-02

ビッグフットに関連した画像-03

<海外の反応>

>動物の毛皮を身に着け儀式
既製品じゃないだと・・!?

ビッグフットの謎が解けてしまったな!笑

こんな格好で深夜の森を徘徊ってことのほうが怖すぎるwwww

↑ある意味ビッグフット目撃よりも恐ろしいですね

深夜こんなの歩いてるの見たら全力で逃げるわ。恐ろしすぎる。。

いや、でもマジで狩猟者に撃たれてたかもしれないぞ?何もなくて良かった

この呪術者が何の儀式をしてたのか、そっちのが気になるw

深夜の森でこんなん見たら泣いちゃうわ(´;ω;`)

[肝試しに最適]ワラ人形(藁人形)セット

発売日:
メーカー:新潟モール
カテゴリ:Baby Product
セールスランク:39885
Amazon.co.jp で詳細を見る