象に踏みつけられ圧死に関連した画像-01

ナミビア共和国で12日、猛獣狩りを行っていたアルゼンチン出身のハンター・Jose Monzalvezさん(46)がゾウに踏みつけられ死亡する事故が起きました。


現場となったのは、ナミビア北部の町カルクフェルト近郊にある私有野生動物保護区。

石油会社に勤務するMonzalvezさんはこの日、仲間らと大物狙いで狩猟に出かけることに。目の前にゾウの群れを発見するも、銃で狙う間もなく、一匹のゾウが一行に向かって猛突進。

そのままMonzalvezさんを踏み潰してしまったようです。

<海外の反応>

ざまぁああああああ

どう考えても自業自得。あの世では象さんに危害加えんなよなボケ

こんなにも美しい動物なのに、狩らないであげてよ!

絶滅危惧種なのにまだ狩猟OKなの?
ハンターの遺族には申し訳ないがこれは象さん良くやった!としか


↑大物狙いのハンティングはかなりルールとかあって制限されてるよ?
例えば狩っていい動物も「病弱な個体だけ」とか決まってるし


これはハンターに同情する奴ほとんどいねぇだろ

↑いや人間の命の方が大事だろ!お前ら喜んで動物の肉食うくせに猫かぶりヤメレ!?



狩猟中のハンターがゾウの下敷きになる死亡事故は今年5月にもジンバブエで起きており、「因果応報だ」「愉しみで動物を殺す罰が当たった」などと、報道を伝えたニュースサイトでは辛辣なコメントが寄せられていました。

地元メディアによると、Monzalvezさん一行はこの区域での狩猟許可を与えられていたとのこと。

そのため今回のケースも密猟ではなく、富裕層による合法的な狩猟”トロフィー・ハンティング”中の事故だったと考えられます。

<海外の反応>

自己防衛だね

アホなゲームに興じて死ぬとか、末代までの恥だわな

スポーツで大型動物殺すとか見てられないわ。
なんで法律で取り締まらないわけさ?


↑こういう合法的な狩猟が野生動物保護区を運営する資金源になってたりする
だから富裕層には金を払ってもらう代わりに殺しを許してるって形


つまり”トロフィーハンティング”を禁止すれば、野生動物を守るシステム自体破綻すんのか・・悲しい現実だな・・・・

そんなに殺しをしたいなら、ハンター同士で殺し合いすればいいのにね

あっという間の出来事だったんだろうな・・怖い

夢をかなえるゾウ

発売日:2013-04-23
メーカー:ミズノオフィス
カテゴリ:eBooks
セールスランク:36
Amazon.co.jp で詳細を見る