スーパーマリオ64に関連した画像-01

カナダ・モントリオール大学の研究チームによると、暴力的なシューティングゲームは大脳辺縁系の「海馬」を萎縮させることが判明。一方で『スーパーマリオ64』は「海馬」を成長させ、脳を活性化させることも判った。

この衝撃的な研究結果は、学術誌『Molecular Psychiatry』で掲載されるようだ。


モントリオール大学の心理学者グレゴリー・ウェスト准教授とベロニケ・ボボット准教授は4年の月日を費やし、脳とテレビゲームとの関連性を研究。

実験では、普段ゲームをしない健康的な男女(18歳〜30歳)に特定のゲームを90時間プレイさせ、脳の記憶や空間学習能力に関わる器官「海馬」の変化を観察することに。

被験者は2つのグループに分けられ、一組目は『コールオブデューティ』や『キルゾーン』などのFPS(一人称シューティングゲーム)を、二組目は『スーパーマリオ64』などの3Dアクションゲームをプレイ。

それぞれ脳をスキャンしたところ、暴力的なFPSをプレイしたグループは明らかに海馬にある灰白質の容積が萎縮。マリオのグループは逆に成長していたのだ。

<海外の反応>

マンマミーア!
スーパーマリオ64に関連した画像-02

>こんな暴力的なゲームしてたら脳がおかしくなるわよ
ま、まるで僕のママの言い草だ・・!

僕からゲームを取り上げたら、何が残るってんだ(´;ω;`)

FPSは絶えず敵の位置・弾丸の数・軌道なんか気にする必要があるし
逆に脳は活性化するはずだろ!?


『スプラトゥーン2』は大丈夫なのか?あれをやめるのは無理だぞ!!

自分が好きじゃないゲームを遊ぶ方が
退屈でそれこそ脳に悪影響だろ


解決法:みんなボードゲームを遊びましょう



特にFPSではゲームMAPに現れる”クエストマーカー”や”GPS機能”の存在が問題だ、と准教授ら。

3D空間でルートを探す必要がなければ、プレイヤーは空間把握をやめ、単に指示されたルート通りに進むだけになってしまう。そのため「暴力的なFPSをプレイしている間、海馬の働きは低下。その状態が長時間続くと細胞が死に、海馬が減少していく」と両氏は結論づけたのだ。

海馬の減少は鬱病やアルツハイマーを進行させる可能性があり、日頃からこのようなシューティングゲームを好むプレイヤーは気をつける必要がありそうだ。

一方『スーパーマリオ64』などのゲームは、環境や町並みを覚えてキャラクターをナビゲートする必要があるため、海馬が活性化させられるという。その結果、記憶力や空間学習能力の向上につながる。

マリオのような3Dゲームは、暴力的なゲームの遊び過ぎによって失われた海馬を成長させる”解毒剤”の役割を果たすことが出来るのではないか」とウェスト准教授は考えている。

<海外の反応>

任天堂の回しもんかよ!wwww

なるほど、マーカーに頼るゲームばっかしてると
空間把握能力が欠けてくってことか


↑やべぇ・・Ubisoftのゲームどれも脳を腐らすようなシステムしか入ってない・・・

いやだああ!俺はCODで暴れるのが好きなんだあああ!!

『ダークソウル』すれば問題解決だな

たぶん俺、その海馬ってやつあったって使わねーからいらんw

記事読んできたが
クエストマーカーを削除するMODとか欲しくなるね

便利なマーカーが海馬を萎縮させちゃうのか・・
スーパーマリオ64 [WiiUで遊べるNINTENDO64ソフト][オンラインコード]

発売日:2015-04-09
メーカー:任天堂
カテゴリ:Digital Video Games
セールスランク:10237
Amazon.co.jp で詳細を見る

Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

発売日:2017-07-21
メーカー:任天堂
カテゴリ:Video Games
セールスランク:5
Amazon.co.jp で詳細を見る