サム・カニゼイに関連した画像-01

オーストラリア南東部・メルボルンの「ブライトンビーチ」で今月6日、サム・カニゼイ君(16)が謎の海洋生物に両足を”食い荒らされ”病院に搬送される出来事があった。

何が少年を襲ったのか、医師も原因を特定できなかったため、父親は現場となった海へ肉片を持ち込み沈めてみることに。

すると専門家ですら見たことのない生物が、数百匹単位で肉片に食らいついてきた。


海につけていた両足をあげてみると、サム君の両足から大量の出血。拭いても拭いても流血が収まらないため病院に連れられたのだが、原因不明の出来事に病院スタッフも言葉を失くしたようだ。

血は延々と流れ続け、病院の床には大きな血だまりが出来るほどに。

夜になりようやく止血に成功。洗い流した両足を調べてみると、両足には無数の小さな穴があいていおり、まるで何百本もの画びょうで刺されたかのような状態だったのだ。

流血と痛みにより、サム君はろくに歩けなかったという。



<海外の反応>

いやあああああああ

今すぐ海を燃やすんだ!
カラカラに干からびるまで燃やしちまえッ・・!!


対策が出来ない分、サメよりも恐ろしいわ((((;゚Д゚))))

オーストラリアの生物は本気で恐ろしいね

いやー下半身すべて浸かってなくて本当良かったな
ソーセージ食われたら軽く死ねっぞ


今日の教訓「オーストラリアの海には気軽に足を踏み入れるな・・」

↑だな。うちにあるビニールプールがもっと好きになったわwwww



原因が判然としないこともあり、父親は翌日海へ向かうことに。

持ってきた肉片を投げ込んでみたところ、無数の生物が勢い良く肉に食いつき、血を全て吸い尽くしてしまったのだ。これがサム君の両足の肉をえぐった張本人だと確信した父親は、この生物を病院に持ち込むことに。現在この種の特定が待たれている。

この謎の生物には、海洋環境専門家のマイケル・ブラウン氏も頭を抱えている。

「今まで20年、海洋生物に携わってきましたがこのようなものは見たことがありません。クラゲの幼生である可能性もありますが」と話している。



<海外の反応>

パパ頼もしいなwww

「ウオジラミ」じゃないの?専門家が頭悩ますってどういうこと?

↑アラスカに生息する「スナノミ」に似てる気がする。あいつら雑食だし
サム・カニゼイに関連した画像-02

そしてこの生物は皮膚下に卵産みつけるんだろ?
もう本当オーストラリアの雄大すぎる自然、勘弁してくれよ!笑


少年は「たぶん一回きりでしょ。また泳ぎに行きます」ってインタビューに答えてるんだけど・・

↑勇敢なのかバカなのかw
・・ハッ!まさか海に戻りたくなるよう脳に寄生されたのか!


海で足食い荒らされるとか一大ニュースだろ?なぜ父親だけが原因究明に躍起なのさw

みなさんも今年の夏は海水浴楽しんで下さいね(外道)

C11 地球の歩き方 オーストラリア 2017~2018

発売日:
メーカー:ダイヤモンド・ビッグ社
カテゴリ:Book
セールスランク:5112
Amazon.co.jp で詳細を見る